FW横山久美の2ゴールでなでしこジャパンが連勝を飾った

写真拡大

[3.6 アルガルベ杯GL第3節 日本女子2-0ノルウェー女子]

 アルガルベ杯の第3節が6日に行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)はノルウェー女子代表と対戦し、2-0で勝利した。日本は2連勝。2勝1敗でグループリーグの戦いを終えた。

 3日のアイスランドとの一戦で高倉麻子監督が就任後、5戦目にして初勝利を挙げたなでしこジャパン。連勝を目指して戦う第3戦は、GK池田咲紀子とFW籾木結花がA代表初先発となった。

 前半をスコアレスで終えたなでしこは、後半から第1戦のスペイン戦で1アシスト、第2戦のアイスランド戦で2ゴールを決めたMF長谷川唯とを投入。MF中里優との同時投入で攻撃陣に厚みを持たせる。

 すると後半14分、右サイドのスローインからチャンスを作ると、籾木がスルーパスを出す。DFに当たって浮き球になるが、FW横山久美が胸トラップから前を向くと、右足で蹴り込む。シュートはGKの手を弾くと、クロスバーを叩いて、ゴールネットに収まった。

 さらに日本は後半44分、横山がドリブルで持ち込むと、右サイドの中里に展開。クロスボールが送られると、FW田中美南のヘッドはポストに当たったが、跳ね返りを横山が押し込み、勝利を決定づける2点目を奪った。

 日本は横山の2ゴールにより2-0で勝利した。同時刻に行われた同組のもうひと試合、アイスランド女子対スペイン女子の一戦は0-0に終わった。この結果、2勝1敗の日本はB組2位で8日の順位決定戦に向かうことになった。対戦相手はグループリーグ全日程を終えてから決まる。試合は日本時間8日23時45分にキックオフする。

 試合後、インタビューに答えた2ゴールの横山は「2点目はラッキーゴール。自分のゴールで勝利に導けてうれしい。日頃の練習の成果が出たんじゃないかなと思います。最後も勝って終わりたい」と笑顔。

 高倉監督は「結果で勝てたことは前向きに捕らえたいが自分たちのぺースでできなかった。修正するところは多い。全体的に精度がまだ低い」と厳しい意見とともに、「内容のある試合にして勝って終わりたい」と8日の順位決定戦への意気込みを語った。


●アルガルベ杯2017特集ページ