トリニティがSIMフリースマホ「NuAns NEO」と「NuAns NEO [Reloaded]」の両方で使える新作背面カバーを発表!コルクやデニム、ストーンなどを写真で紹介【レポート】

トリニティが発表したSIMフリースマホ「NuAns NEO」シリーズ向け新作背面カバーをチェック!

既報通り、トリニティが2月20日に新たにOSをAndroid 7.1(開発コードネーム:Nougat)にして開発したSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「NuAns NEO [Reloaded]」を発表しました。

発売は2017年5月末を予定しており、すでに公式Webストア「Trinity NuAns Online Store」やAmazon.co.jpなどで予約受付を実施しています。背面カバーのない本体(CORE部分)の価格はオープンながらメーカー希望小売価格が49,800円(税込)。

通常は別途背面カバーを購入する必要がありますが、公式Webストアでは3月31日までに予約して購入した場合はTWOTONEカバー(上下セット)もしくはFLIPケース(手帳型)のどちらかがおまけで付いてくるキャンペーンを行っています。ただし、選べないので欲しいカバーがある場合は別途購入する必要があります。

NuAns NEO [Reloaded]の特長はOSがAndroidになり、おサイフケータイ(FeliCa)や防滴・防塵(IP54準拠)に対応するほか、外観やサイズは昨年発売したOSにWindows 10 Mobileを採用する初代「NuAns NEO」とほぼ変わらずに背面カバーが共通となっており、背面カバーを取り替えられるようになっています。

また発表会ではNuAns NEOとNuAns NEO [Reloaded]に対応するカバー「TWOTONE」の新作4素材(5種)も発表されました。そこで今回は、発表会における展示会場にてTWOTONEの新作を確認できましたので、こちらをご紹介したいと思います。

10
新しく発表されたAndroidを採用したNuAns NEO [Reloaded]


DSC01131
NuAns NEO [Reloaded]もNuAns NEO [Reloaded]は初代と同様に背面カバーがカスタマイズ可能

NuAns NEOおよびNuAns NEO [Reloaded]は背面カバーが外せるようになっており、背面カバーは上下2つに別れた「TWOTONE」カバーと手帳型の「FLIP」ケースが用意されています。

特にTWOTONEカバーは初代NuAns NEOのときにもスエードも含めた革や木などの暖かい素材もあり、見た目にも複数の色があったため、取り替えて使うなどのコンセプトも含めて好評でした。

NuAns NEOの利用者も平均で2セットほど購入していたということで、1セットだけしか購入していない人を考えると、購入する人は複数買っていると思われます。

そんな背面カバーに新作が追加され、新しく発売されるNuAns NEO [Reloaded]だけでなく、すでにNuAns NEOを使っている人も使えるということで楽しみでしょう。

【コルク】

_DSC3459

新作のひとつがスマホのケース素材としては珍しいのがコルクです。その滑らかな手触りだけでなく、少し柔らかさを残したホンモノの質感がポイント。

その他のケースにも言えることですが、TWOTONEカバーの製造の際に、素材を貼り付けるだけではなく、プラスチック部分と一体成形する仕組みをとっており、例えば長期に渡って使用したコルクボードにありがちな「剥がれる」や「崩れる」といったことはないようになっているとのこと。

【デニム】

_DSC3460

もうひとつが岡山県で製造される「児島デニム」を使用したTWOTONEカバーも初登場。左がウォッシュデニム、右がブリーチデニムの2種が用意されました。デニム素材ならではとして、長く使っていくうちに色が落ちていくのも楽しめるため、普段持ち運ぶ道具として愛着の沸くTWOTONEカバーとなっています。

【ストーンとパンチングスエード】

_DSC3461

さらにストーンとパンチングスエードも追加されます。特に右のストーンは、本物の石を使用しており、暖かい素材ではありませんが、スマホの外装やケースの素材としては非常に珍しいのではないでしょうか。他のTWOTONEカバーに多いファブリック素材や人気の高いウッドとも違う石のひんやりとした手触りが魅力です。

また左のパンチングスエードも発表会中にトリニティ代表取締役社長の星川哲視氏より「よりグリップしやすい」と説明があったように手に馴染む素材感かつより持ちやすくなっています。

元々用意されていたスエードと同様に高級車の内装などに使用されている東レのウルトラスエードを使用しているため、高級感のある人気のスエードのバリエーションとなるため、TWOTONEカバーの新作の中でも人気を集めるのではないかと思われます。価格はそれぞれ上下別で1,580円〜1,980円(税込)で、販売開始もそれぞれNuAns NEO [Reloaded]に合わせた5月以降を予定しています。

なお、NuAns NEO [Reloded]の公式Webサイト「SIMULATION | NuAns | New Answer with NuAns NEO」ではTWOTONEカバーの上下の組合せをシミュレーション可能です。すでに新作も含めシミュレーションができるようになっていますので、NuAns NEOを持っている人も、これからNuAns NEO [Reloaded]の購入を検討している人もお気に入りの組合せを探してみてはどうでしょうか。



記事執筆:黒ぽん(迎 悟)


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
トリニティが新型スマホ「NuAns NEO [Reloaded]」の発表会を開催!OSがAndroidに変わり、おサイフケータイなどを搭載しながら初代のこだわりデザインを貫く一級品に【レポート】 - S-MAX
NuAns NEO シリーズ 関連記事一覧 - S-MAX