現役女子大生グラドルとして2016年デビュー以来、瞬く間に人気となった”ゆりりん”こと石原佑里子。そのベビーフェイスと人懐っこい笑顔にメロメロにされた諸氏も多いはず。むっちりFカップの極上ボディで、今まで発売したDVDが3作すべてが大ヒット。週プレ「次世代おっぱい番付2017」では張出横綱に選出された魅惑のおっぱいの持ち主。

そんな石原佑里子を、3月6日発売の「週刊プレイボーイ12号」(集英社)が撮り下ろし。撮影中、スタッフも大絶賛した奇跡の美乳グラビアが堪能できる。「日本一おっぱいがキレイな女子大生」というタイトルで4ページフルカラー、にんまり笑顔でボルドーカラーの小さめビキニでポーズ。スクール水着のバックショットもまた堪らない魅力を放つ。

石原は「ページもののグラビアに出させていただくのは今回が初めて。前日は緊張して眠れませんでしたが、すごく楽しい撮影でした!どのカットも好きですが、中でもワンピース水着を着たカットは特に印象に残ってます。衣装のサイズが小さかったので、撮影中、動く度に何度も胸をポロリしちゃって(笑)。表情にも恥ずかしい気持ちが出ているかもしれませんね。」と妄想を掻き立てるどっきり発言。この屈託のなさが”ゆりりん”の魅力でもある。

(C)桑島智輝/週刊プレイボーイ