サプライズで登場した伊勢谷友介

写真拡大

羽海野チカ原作の同名人気コミックを神木隆之介主演で前・後編の2部作で映画化する『3月のライオン』。この映画の後編に伊勢谷友介が出演していることが、3月5日に行われた同作の「前編・後編〈イッキ見(み)〉」試写会で発表された。

[動画]『3月のライオン』予告編

本作は、中学生で将棋のプロとしてデビューし、今は東京の下町でひとり暮らしをしている17歳の桐山零(神木隆之介)が主人公。幼い頃に両親と妹を交通事故で亡くし、孤独を抱え、すがりつくように将棋に打ち込んでいた零が、ある日、同じ下町に住む3姉妹・川本あかり(倉科カナ)、ひなた(清原果耶)、モモ(新津ちせ)と出会う。それは、将棋以外の“自分の居場所”との出会いでもあったというストーリーだ。

TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われたこの日の試写会イベントには、主演の神木隆之介、共演の有村架純、大友啓史監督が参加。前・後編を通しで見た300人の観客を前に、神木は「前編は熱い映画、後編は温かい映画」と感想を述べ、「後半の最後の零の表情は、自分で演じていながらも自分で良かったなと救われた気持ちになりました。まるでお味噌汁を飲んだような温かい気持ちになった。ほんわかした気持ちになって、家族にありがとうと言いたくなった」としみじみ。

有村も「登場人物みんなが思いを抱えて、それぞれの苦しみがわかる前編と、それを回収するのが後編。みんなが報われて終わる映画。前・後編通して1本の作品になっている」と思いを込めた。

そうした中、伊勢谷が「好き勝手に生きるのも悪くない」と役柄をイメージした言葉を口にしてサプライズ登場。零がお世話になる川本3姉妹の自由奔放な父親を演じた伊勢谷は、登場するなり神木らをスマホで自撮り。そんな伊勢谷について神木は「現場では助けていただくことばかり。劇中で『君さ〜、帰れよ』と挑発的に言われたひと言が自分の中で絶対に負けたくないというエンジンになった。とんでもない化け物が住んでいる。吹っ飛ばされると思った」と神木流に感謝の言葉を述べていた。

『3月のライオン』は3月18日より『前編』、4月22日より『後編』が公開となる。