永井豪氏原作の日本アニメ「鋼鉄ジーグ」を下敷きにしたイタリア映画が公開

写真拡大

 永井豪氏原作の日本アニメ「鋼鉄ジーグ」を下敷きにしたイタリア映画「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」のガブリエーレ・マイネッティ監督が来日し、3月6日都内で行われた試写会イベントに出席。永井氏とサプライズゲストの水木一郎と感激の対面を果たした。

 日本アニメの大ファンというマイネッティ監督が、1979年からイタリアで放映された「鋼鉄ジーグ」に熱烈なオマージュを捧げた作品で、2016年イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞最多7部門を受賞した。

 永井氏は「3〜40年前につくった作品が、イタリアに浸透していたのがうれしい」と感激の面持ち。「ヒーローものですが、アメリカとは違ってお金ははかかってないけれど、人間味があふれる作品」と絶賛した。水木は、アニソン歌手として世に出る以前に、カンツォーネを歌っていたそうで「ずっとイタリアに行きたいと思っていたし、あだ名はイタリアーノだった」と明かす。マイネッティ監督と主演俳優が担当した映画のエンディングテーマに触れ、「映画を見終わった後にバラードがマッチしている」と褒め称えた。

 マイネッティ監督は「映画が日本で公開されるのは光栄」と喜びを語り、「日本のアニメを子供のころから見ていて、自分たちのものと感じていました。いま40歳の私たちの世代がスーパーヒーローとして思い浮かべるのは、バットマンやスパイダーマンではなく、マジンガーZ、グレンダイザー、ジーグでした」と話した。

 映画の舞台はテロの脅威に晒される荒廃したローマ郊外。ふとしたきっかけで超人的なパワーを得てしまった孤独なチンピラ、エンツォ。始めは私利私欲のためにその力を使っていたエンツォだったが、世話になっていた“オヤジ”が殺され、遺された娘アレッシアを守るため正義に目覚めていく。アレッシアは日本製アニメ「鋼鉄ジーグ」のDVDを片時も離さない熱狂的なファン。怪力を得たエンツォを「鋼鉄ジーグ」の主人公、司馬宙(シバヒロシ)と同一視して慕い、いつしか二人の間には、ほのかな愛情が芽生える。

 「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」は、5月20日からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。