今週の1位はドラえもん! (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ動画・ADK 2017

写真拡大

 3月4〜5日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。春休み映画が続々と公開され、長編劇場版の37作目「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」が初登場1位を獲得。全国371スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員59万人、興収6億9200万円をあげた。これは昨年シリーズ歴代興収1位を記録した前作「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」(最終興収41.2億円)の興収比108.6%の成績。前作超えが期待できる好スタートを切った。

 全世界で人気の同名ゲームシリーズを、マイケル・ファスベンダー主演で映画化したミステリー・アクション「アサシン クリード」は、3月3日から公開され、土日2日間で動員10万1100人、興収1億5800万円をかせぎ4位にランクインした。まずは興収10億円超えが当面の目標となりそうな出足となっている。

 新作では他に、初野晴の人気青春ミステリー小説を「Sexy Zone」の佐藤勝利と橋本環奈のダブル主演で実写映画化した「ハルチカ」が8位デビュー。ロックバンド「X JAPAN」の軌跡を追ったアメリカ製ドキュメンタリー「WE ARE X」は10位にランクインした。

 前週1位スタートを切った「ラ・ラ・ランド」は、全国の劇場で満席が続出。週末2日間で動員26万7546人、興収3億9372万8900円をかせぎ、累計動員は116万人、興収は15億円を突破した。「劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」は3位につけて好調をキープしている。

 なお、「君の名は。」は公開から28週連続で10位以内にランクインし、累計興収は245億円を突破。国内歴代興収3位の「アナと雪の女王」(興収254.8億円)にあと約9億円と迫っている。