男はこういうのにキュンとしちゃうんです!居酒屋でできる簡単スキンシップ

写真拡大



ふとした瞬間にさりげなく、意中の男性をドキッとさせられたら嬉しいと思いませんか?今回注目したいのは、お酒の席でのアピール。なかなか自分をアピールできない女性でも、お酒の力があればなんとかなる…!という人もいるでしょう。ここでは、実際に男性たちがドキッとしたという、居酒屋さんでできる簡単なスキンシップをご紹介します。

■■「同じものを見る」は絶好のチャンス!

「飲み会で隣に座っていた子が、俺が持ってたメニューを覗き込んできてヤバかった。食べ物の写真を指さしながら“これ美味しそ〜”とか言ってたけど、女の子ぽい匂いがしていて全然メニューが頭に入ってこなかった(笑)」(20代/学生)

料理を注文するときに見るメニュー表。男性と一緒に覗き込むと、ドキッとさせることができるでしょう。このとき、軽く男性に髪の毛がふれたり、女性らしい香りがしたりするとドキドキ度はアップ。メニューを指さしたり、顔を近づけたりと工夫しましょう。

■■「こっそり」への憧れを利用して

「仲間内で飲みに行ったとき、女友達の足がずっと机の下で触れたままで心臓バクバク。最初はつま先だったのが、気づいたら膝までくっついていて。それまでは友達としてしか見てなかったけど、そこから一気に女として見るようになった」(20代/不動産)

みんなに見えないところでイチャイチャする…という状況に憧れを持つ男性は多いのです。机の下なら、他の人にバレずにくっついちゃうことができますね。もし嫌悪感を持たれても「偶然当たってしまった」という体でごまかせるのでセーフ。やりすぎは禁物ですが、「当たっている」と相手に意識させることで恋の進展率も高まるでしょう。

■■「ほろ酔いだから」ってことにして・・・♡

「普段全然スキンシップとかしない子が、飲み会の帰りに靴を履くときにちょっとよろけて肩をタッチされた。“ごめんね、飲み過ぎたのかも”と恥ずかしそうに言われたときはキュン死にするかと思った」(20代/学生)

トイレに行くときに立ちあがったり、御座敷の席から移動するときなどにふらっとよろけてしまう女性もポイントが高いです。このとき、ナチュラルに男性の肩や二の腕あたりをタッチするといいでしょう。ほろ酔い加減と、頼られたという事実に喜ぶ男性は多いのです。

■■「間接キス」はいくつになってもドキドキ

「いつもカクテルを頼んでいる子が飲んでみたくなったのか、俺の日本酒を“一口飲んでみたい!いい?”って聞いてきた。ほろ酔いなのかな〜と思いつつも、ドキドキした(笑)」(20代/SE)

いくつになっても異性との間接キスにはドキドキ感がありますよね。お酒なら「飲んでみたい」という口実ができるので、スムーズにもらうことができそうです。また「こっちも飲んでみて、美味しいよ〜」と伝えればドキドキも倍増に。可愛くおねだりしてみましょう。

■おわりに

ひとくちに「飲み会」といってもチャンスはたっぷりあります。「全然男が食いついてこない」と地団太を踏むのではなく、自分ができる最大限のモテテクを駆使して、恋愛へと進展させてしまいましょう。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)