【詳細】他の写真はこちら

“1/1ガンダム”お別れの日の記録。

東京・お台場のダイバーシティ東京プラザ・フェスティバル広場に展示されていた、全高18メートルの“実物大ガンダム立像”こと『RG 1/1 RX-78-2 ガンダム Ver.GFT』。この実物大ガンダム立像は2017年3月5日にプロジェクトを満了し、同日夕方にはこれまでの歴史を振り返るクロージングセレモニーが開催。大勢のファンが見守る中、お台場の1/1ガンダムは役目を終えることになりました。



ガンダム立像の歴史は「ユニコーンガンダム」に継がれる!



日が沈みきる少し前の夕方6時。広場の照明が落ち、ライトアップされるガンダム。『機動戦士ガンダム』のエンディングテーマ曲「永遠にアムロ」のインストをバックに、実物大ガンダム立像の歴史を振り返る映像が流れます。



実物大ガンダム立像は、2009年「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」の一環としてお台場 潮風公園に初めて登場。翌年の2010年には右手にビーム・サーベルを携えた姿で静岡市の「模型の世界首都 静岡ホビーフェア」の場へ。そして2012年4月以降はこのダイバーシティ東京プラザで展示されていました。

セレモニーはバンダイナムコホールディングス 代表取締役社長の田口三昭氏ほか、TOKYO ガンダムプロジェクトに関わる各位からの挨拶へと続きます。ここで、実物大ガンダム立像の新プロジェクトについても明らかに。


実物大ガンダム立像の新プロジェクトについて発表した、株式会社サンライズ 代表取締役社長の宮河泰夫氏。



新プロジェクト、「実物大ユニコーンガンダム立像」。2017年秋、ダイバーシティ東京プラザにユニコーンガンダムが登場します! この発表には会場中から大歓声が。

「ユニコーンガンダム」は『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』に登場する主役モビルスーツです。宮河社長によれば、「ガンダム」の次となる機体を選ぶのは非常に悩ましかったものの、下記のような理由で決定したとのこと。

・RX-78(ガンダム)に続く宇宙世紀シリーズの機体であること

・小説からスタートし、映像展開と同時にブルーレイを発売するなど、『ガンダムUC』は非常にチャレンジが多い作品であったこと

・ユニコーンガンダムが作品の中で“可能性”の象徴として登場すること


「実物大ユニコーンガンダム立像」設置イメージ。

「ユニコーンガンダム」といえば、頭部の一本角が左右に開いて全身から発光部(サイコフレーム)が露出する変形機構が有名。イメージ図では変形後の「デストロイモード」が描かれていますが、この変形などのギミックは巨大な立像でも再現されるのかが気になるところですね。

さらに、同じくダイバーシティ東京プラザにある施設「ガンダムフロント東京」も2017年4月での閉館が決定していましたが、こちらの新展開も発表。7月を目標に、バンダイのガンプラなどの旗艦店「THE GUNDAM BASE TOKYO」(ガンダムベース東京)として新たにオープンすることが明らかになりました。


「THE GUNDAM BASE TOKYO」(ガンダムベース東京)施設内のイメージ。

哀 戦士、めぐりあい… 名曲が演出したガンダムお別れの日



秋からはお台場に「ユニコーンガンダム」が立つことになりましたが、この日まで立っていた「RX-78-2 ガンダム」の実物大立像はガンダム40周年(2019年〜)に向けた「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」(関連記事)の企画検証・参考用の機体となるそうです。こちらが“実物大ガンダムを動かすプロジェクト”であるだけに、実際に動くガンダムとなって帰ってくるのかも……と期待せざるをえない。

さて、続くセレモニーの後半では、実物大ガンダム立像の足元でミニコンサートも催されました。



ピアノ・バイオリン・チェロの三重奏による『機動戦士ガンダム』楽曲のスペシャルメドレー。楽曲は“哀 戦士”、“めぐりあい”、“翔べ!ガンダム”の3曲で、今回の編曲は『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』で音楽を担当している横山克氏が手がけたもの。


ピアノ三重奏のメンバー。左から伊賀拓郎氏(ピアノ)、高橋和葉氏(バイオリン)、古川淑恵氏(チェロ)。

「ガンダム」において特に印象深い3曲が、劇中の名シーンの映像をバックにプレイされていきます。このとき、実物大ガンダム立像のライトアップも次々に変わっていくのですが、後半、“めぐりあい”とともに赤く照らされるガンダムは燃え上がっていくようにも見え大変感動的でした。













次の世代に向けて。富野総監督からのメッセージ



そしてガンダムといえば、ラストをつとめるのはこの方。『機動戦士ガンダム』総監督の富野由悠季氏による挨拶です。





以下は富野監督からのコメント。

「いちアニメ作品からできたキャラクターを、実寸大のこういう形で、こういう場所に立たせていただいて、なおかつ皆さんのような方々がいらしていただくことによって、10年近い時間のなかで、皆さん方が作ってくださった、この会場の雰囲気、場というものが持っている力が、このガンダムというものをこういう形にさせてくれたんじゃないのかというように思っています。いち企業が、1/1の立像を作ったというだけのことではない、そういう意味を本当にしみじみと感じさせていただきました。

そういう意味では、いちアニメの作品のキャラクターでしかなかったものなんですが、やはりものを創るということはこういうようなものなんだ、つまり皆さん方の力をいただいて、何かまた次の新しいものが創れるんではないのかな、ということを思わせていただきました。

現に先ほどもご紹介にありましたように、次のガンダムも立ち上がります。そして、さらにまた次のガンダムも、立ち上がる、らしい(笑)です。それによって、次の若い世代が“じゃあ僕たちは、私たちはこういうものを作っていきたい”とか、“こういう未来があるのかもしれない”という風に思ってもらえるのじゃないのかなっていう風に思っています。で、逆にそういうものを提供することができたとしたら、とても嬉しいと思うし。これ以後、今ここにいらっしゃる若い方たちに、もっと次の、もっとすばらしいものを創っていただけたら、とても嬉しいと思います。今後とも、皆さん方の力がなければこういうものは作れません! 以後のご声援、よろしくお願いいたします。どうもありがとうございました。」





こうして幕を閉じた実物大ガンダム立像クロージングセレモニー。「ただの巨大なロボットのオブジェ」という意味を越えて愛されていたガンダム立像の存在感が至るところから伝わってきました。秋からの「ユニコーンガンダム」がこういう存在になっていくのも、今から楽しみ。

取材・文/柳 雄大(編集部)

(c) 創通・サンライズ

関連サイト



ガンダムフロント東京

THE GUNDAM BASE TOKYO(ガンダムベース東京)

関連記事



さらば実物大ガンダム立像! お台場「ガンダムフロント東京」営業終了へ

富野由悠季、SUGIZOも参戦で燃え上がる“1/1ガンダムを動かすプロジェクト”