写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シグマは3日、ガイドナンバー「63」の大光量クリップオンフラッシュ「ELECTRONIC FLASH EF-630」のキヤノン用モデルを発表した。3月17日より発売する。価格は50,000円(税別)。

ELECTRONIC FLASH EF-630は、シグマ用がすでに発売されており、今回発売されるのはキヤノン用。ニコン用も発売予定だが、発売時期は未定となっている。

照射角は広角24mmから望遠200mmの範囲で変更可能で、内蔵のワイドパネルを使うことで17mmの画角もカバーする。通常発光のほか、より大きなガイドナンバーを得られる「ガイドナンバー優先配光モード」、周辺光量の落ち込みを減らし均一な配光特性をもつ「フラット配光モード」など、3つの配光モードを備える。

発光部は稼働するのでバウンス撮影が可能。上90度 / 下7度 / 左右180度に自由に動かせる。フラッシュ光による通信で発光させてTTL自動調光を行う「ワイヤレス TTL フラッシュ機能」も搭載。そのほかにも、スレーブ発光機能、FP発光機能なども備える。操作用に十字キーと側面ダイヤルを装備、操作性に配慮したユーザーインタフェースとなっている。

電源に単3形乾電池×4本を使用し、発光回数は約120回、充電時間は約3秒(ともにアルカリ乾電池使用時)。本体サイズは約W79.4×D148.4×H121.5mm、重量は490g。

(リアクション)