永野芽郁(右)と白濱亜嵐

写真拡大

 人気ブランド「Samantha Vega」と映画「ひるなかの流星」がコラボレーションした「Samantha Vega×ひるなかの流星 コラボTVCMオンエアー記念イベント」が3月6日、東京・神宮前のSamantha Thavasa 表参道GATE ポップアップ デジタルストアで行われ、映画に主演した永野芽郁、共演の白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が出席した。

 やまもり三香氏による「女子中高生の初恋のバイブル」と称される人気コミックを、「四月は君の嘘」の新城毅彦監督のメガホンで映画化。田舎町から東京の学校に転校した女子高生・すずめ(永野)が、軟派な担任教師・獅子尾(三浦翔平)と無愛想なクラスメイト・馬村(白濱)との三角関係に揺れ動くさまを描いた。

 この日のイベントは、映画とコラボしたCMの放送を記念して開催。抽選で選ばれた10人の“サマンサ女子”が、壇上で映画の魅力を語り合う最中、永野と白濱がサプライズで登場した。映画の撮影を問われると、2人はお互いの制服姿に言及。白濱が「永野さんは制服を衣装合わせして、直後にそのままリハーサルに来ているのかなと思ったら、学校帰りの本当の制服。似合っていましたね」と振り返れば、永野も「白濱さんは『23歳だから制服きついかな』と言っていましたが、自然に学校いちのイケメンに見えました」と明かしていた。

 さらに2人には、「初恋はいつ?」との質問が。永野は恥じらいの表情を見せながらも、「小学2年生のとき。学年いちモテている子でした」といい、「親友がその人のことが好きで、一緒にチョコを上げたらお返しかえってきたというのがきっかけです。掃除のときにほうきで突きあったりしていて、いい思い出です」と目を細めた。一方の白濱は「幼稚園の年少から年長までの3年間、仲良かった女の子に恋していましたね」と告白し、「名前も顔も思い出せるか微妙ですが、その時は仲が良くて、ずっと一緒に遊んでいました」と懐かしそうに話していた。

 「ひるなかの流星」は、3月24日から全国で公開。