シトロエン、新しい2台のコンセプトカーをジュネーブ・モーターショーで披露

写真拡大

【ギャラリー】Citroën C-Aircross Concept (13枚)


シトロエンは3月7日に開幕するジュネーブ・モーターショーで、2台の新しいコンセプトカーを世界初披露すると発表した。
先日の記事でもご紹介した「C-AIRCROSS コンセプト」は、シトロエンがこれから本格展開する製品戦略が切り拓く、新しい時代を象徴するというコンパクトSUV。世界展開を視野に入れたボディスタイルを採用するこのモデルで、シトロエンはSUVセグメントの参入を宣言する。

従来のSUVとは一線を画したその個性的なスタイルは、シトロエンによれば「安全確保と緩やかなカーブを描くデザインを絶妙なバランスで両立させたら、今までにないボディラインが生まれた」という。これをコントラスト・カラーのデザイン・パーツが引き締める。色と素材が巧みにあしらわれたキャビンは、「余裕の空間を確保し、機能性がありながら高級感のある最高にエレガントな雰囲気を醸し出す」とのこと。

前後のドアには観音開きを採用。ゆったりとした気分になれるたっぷりとしたシートはクッション性が高く、パノラミック・サンルーフのおかげで座っていても陽ざしの明るさを存分に楽しめるという。インテリアは、ドライブする人の快適さを追求する「Citroën Advanced Comfort」の哲学に沿った設計により、快適なドライビングをサポートするテクノロジーが駆使されている。カラー表示されるヘッドアップディスプレイ、直感的な操作が可能なシングルスポークのステアリング・ホイール、リアビュー・カメラ、ワイヤレス式スマートフォン充電装置などを装備。さらに、電子制御でトラクションを高める「グリップ・コントロール」システムを搭載し、「どんな路面コンディションでも正真正銘快適な走りが提供できる」という。

【ギャラリー】Citroën SpaceTourer 4X4 Ë concept (35枚)


「SPACETOURER 4X4 Ë コンセプト」は、洗練された先端技術を駆使したアクセサリーを提供しているユニークなブランド「Ë」のカプセル・コレクションに対応する自動車として、快適で居住性の高いミニバン「SPACETOURER」をベースに、スタイリッシュかつ機能的な「どこにでも行けてしまう」SUVとして開発された。

フランスの Automobiles Dangel社と共同開発されたSPACETOURERの切り替え可能な4輪駆動システムに加え、最低地上高は量産モデルより60mm高く、タイヤにはドライブチェーンを装着。さらに高められオフロード走行性能によって、冬のスポーツ・リゾートのように雪や凍結に悩まされるタフな環境でも最高に快適なドライビングを楽めるという。ボンネットと後部ドアにカモフラージュ柄があしらわれたボディには、「Ë」のロゴとグラフィック・モチーフが施されている。明るくてぬくもりが感じられるインテリアは、装飾的なパーツのすべてに考え抜かれたデザインの工夫が込められているという。ダッシュボードとシート・ファブリックに施された赤・白・青のモチーフは「Ë」カプセル・コレクションのグラフィック・スタイルから着想を得ている。

これら2台のコンセプトカーのほか、シトロエンは今年のジュネーブ・モーターショーに、ヨーロッパの道を自動運転で 12万km以上走破した「グランド C4 ピカソ」のプロトタイプや、世界ラリー選手権に参戦する「C3 WRC」を出展する。

C-AIRCROSS コンセプトの動画は先日の記事でご紹介したので、今回はSPACETOURER 4X4 Ë コンセプトのビデオをどうぞ。



シトロエン ジャポン 公式サイト