北九州、12日のJ3開幕戦で特設ブースを設置…秋田サポに名産品を配布

写真拡大

 ギラヴァンツ北九州が、明治安田生命J3リーグの開幕戦となる12日のブラウブリッツ秋田戦で、秋田サポーター向けに特設おもてなしブースを設置する。アウェイの秋田が、クラブ公式HPで呼び掛けている。

 北九州の新しい本拠地、ミクニワールドスタジアム北九州のこけら落としとなるこの試合。同スタジアムの所在地である北九州市が、秋田の公式HPにてメッセージを掲載し、同クラブのサポーターへ来場を呼び掛けた。それによると、同試合のキックオフ2時間前となる12時から14時までの間、アウェイ側スタンド(北サイドスタンド)コンコースにおいて特設おもてなしブースを設置する。

 特設おもてなしブースでは、観光パンフレット配布などの観光案内が行われるほか、秋田のグッズ(ユニフォーム、タオルなど)または観戦チケットを提示すると、北九州特産の「関門の塩」や、北九州の名物菓子「ネジチョコ」が一人ずつに配布される。北九州市は「どうぞ、キックオフ前にブースにお立ち寄りいただきたいと思います」と秋田サポーターにメッセージを送った。