当地では、日本人に人気のスーパーでも売られています

写真拡大

現在、プリティーン(11〜12歳の少年少女)の娘は、同年代の女の子同様、おしゃれや自分の外見が気になるお年ごろ。私と口喧嘩する回数も増えていますが、美容や食べ物となると意見が一致することが多いのです。

そんな彼女と私が最近気に入っている食べ物が、「Muesli(ミューズリー)」。オーガニック製品を取り扱うスーパーなどで、以前より多くの種類を見かけるようになりました。朝食用シリアル、グラノーラ、オートミールと同じく穀物が原料のシリアル食品ということもあり、同じコーナーに並んでいます。

グラノーラと似ているようで違う

ミューズリーはスイスの医者が患者用の食事として考えたのが始まりで、欧州ではよく知られています。

ミューズリーとよく比較されるのが、グラノーラです。どちらも、牛乳やヨーグルトと混ぜて朝食とするのが主流の食べ方です。ミューズリーはさらにナッツやドライフルーツを組み合わせた、無糖で味のついていないシリアル。かたやグラノーラは甘さとオイルを加えて味つけしてあり、それだけでも食べやすい食品です。ミューズリーは栄養価が高く、食物繊維も豊富な食べ物で、私としてはグラノーラよりダイエット食としてお勧めします。ベジタリアンにも人気です。

私が一番気に入っている食べ方は、「ヨーグルトに混ぜる」。混ぜて10分ほど置くと、ミューズリーがふやけてやわらかくなり、食べやすいのです。それに少しのバルサミコ酢とメープルシロップをかけて食べるのが大好きです。

ただ、ドライフルーツやナッツは噛めば噛むほど、素材そのものの甘さを感じることができますが、オーツ麦には味がないため、「もっと味がほしい」と物足りなさを感じる人は多そうです。我が家でも次女は「好きじゃない」。味がついているのでスナック代わりに食べられるグラノーラのほうが、気に入っているようです。

持ち運び用は子どものおやつにピッタリ

長女が最近注目している「Seven Sundays」ブランドのミューズリーは、地元のオーガニック系スーパーにあります。「Bircher Apple Cinnamon」や「Vanilla Cherry Pecan」など、いろいろなドライフルーツやナッツを組み合わせた商品が出ていて、すべてがグルテンフリーです。中にはスーパーフードとして人気のココナッツやチアシードの入った商品もあります。

特に長女のお気に入りは、持ち運び用の「minne muwali」という小さなカップ麺入りのようなミューズリー。食べるときは水や牛乳を加えるだけなので、お手軽なのです。

ママ友の話を聞いていると、学年が上がるにつれて女の子は食べ物の中身や自分の体重を心配して、ランチをあまり食べなくなったり、サンドイッチだけで軽く済ませようとしたりする傾向にあるようです。拒食症になるティーンの女の子が、米国では多いはずです。

お腹が空いた時にジャンクフードやカロリーの高いクッキーをたくさん食べるぐらいなら、低カロリーで栄養価の高い、持ち運びに便利な「minne muesli」を娘に持たせて、学校の売店で牛乳を買ってもらって、スナックの時間に食べてもらいたいです。

●筆者プロフィル

北雨利香。南カリフォルニア在住。2児の母。40歳をこえた途端に、定期健康診断で毎回のようにひっかかり、医者にサプリを飲むよう指導される。興味のあることは美容、健康、子供の教育、米国プロスポーツ、ハリウッドゴシップ、トランプ大統領の政策。