Dynamic DuoのCHOIZA側「ソルリと破局は事実…互いの未来を応援する」

写真拡大

Dynamic DuoのCHOIZA側がソルリとの破局報道についてコメントした。

6日、CHOIZAの所属事務所Amoeba Cultureの関係者はTVレポートとの取材に対し「CHOIZAとソルリはハードなスケジュールと、互いの異なるライフスタイルで自然と疎遠になった」と明かした。

また「共に過ごした瞬間は良い思い出として残し、それぞれのポジションで同僚として、友人として互いの未来を応援する」と伝え「アーティストとして多くの才能と可能性を持っている二人の今後にあたたかい関心と激励をお願いしたい」と付け加えた。

同日、とあるメディアがCHOIZAとソルリが交際して2年7ヶ月で破局したと報じた。報道によると、2014年8月に熱愛を認めた二人は最近破局し、それぞれの道を歩むことにしたという。

以下、CHOIZA側の公式コメント

こんにちは、Amoeba Cultureです。

所属アーティストのプライベートな部分なので、こちらから申し上げることは慎重にすべきですが、多くの関心と懸念があるため、代わってコメント致します。

二人はハードなスケジュールと、互いの異なるライフスタイルで自然と疎遠になりました。

共に過ごした瞬間は良い思い出として残し、それぞれのポジションで同僚として、友人として互いの未来を応援することにしました。

アーティストとして多くの才能と可能性を持っている二人の今後にあたたかい関心と激励をお願いします。

最後に、ご多忙の中、不本意ながらご心配をおかけしたことをお詫び申し上げます。