写真提供:マイナビニュース

写真拡大

凸版印刷とTISは共同で、モバイルキャッシュの利用を可能にする金融機関向けモバイルWalletサービスの提供を3月6日より開始すると発表した。

モバイルWalletサービスは、従来のキャッシュカード機能をスマートフォンに格納することでカードレス化するクラウドサービス。

将来的にはタッチするだけでATM手続きが短縮できる機能に対応する。具体的には、取引内容をスマートフォン上で予め入力し、対応のATMでそのスマートフォンをかざすだけで、煩雑なボタン操作を省略できるようになるという。

また、情報管理セキュリティ向上のため、カード番号などの個人情報をスマートフォン上でダミー番号(トークン)に置き換えて利用するトークナイゼーション技術を採用。キャッシュカード番号はセキュリティ性の高いクラウドサーバで管理するという。

このサービスにおいては、凸版印刷はスマートフォンにダウンロードするWalletアプリの提供、TISがキャッシュサービスを提供するためのキャッシュカード情報を顧客のスマートフォンに安全に格納する技術を提供する。

両者は、「モバイルWalletサービス」を2020年までに40社への導入を目指す。また、今後は、デビット機能やクレジット機能も追加していく予定だという。

(丸山篤)