写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2017年3月3日(以下すべて米国日時)、MicrosoftはWindows 10 Insider Preview ビルド15048を、ファーストリングを選択したPC向けにリリースし、モバイル版はビルド15047をリリースした。今回の変更点は特にアナウンスされず、バグフィックスに終始している。

○既存のバグを潰せばCreators Updateは完成?

前回の記事でも述べたようにWindows 10 Insider Preview ビルド15042のリリース日は2017年2月24日。ビルド15046は28日。そしてビルド15048は3月3日と小刻みなリリースが続いている。筆者は所有していないため確認できないが、BuildFeedによれば執筆時点のXbox Insider Programで配信されるOSのビルドは15046。Windows 10 IoT Core Insider Previewもビルド15043をリリースしている。

このようにPCに限らず、モバイルやXbox、IoT CoreなどUWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)は皆、ビルド150xxと数字を重ねてWindows 10 Creators Updateの準備を整えつつある状況だ。ドラスティックな変更はビルド15031辺りで止まり、ここ数回のPC版は機能やデザインの微調整に留まっている。このペースで行けば、Windows 10 Creators Updateの開発は3月中に終了し、4月早期には一般公開となるGA(一般提供版)に達することだろう。

本ビルドにおける目新しい変更点は少ないものの、ビルド15046では英語だった「設定」の<プライバシー/音声認識、手描き入力、入力の設定>のメッセージがすべて日本語化されたことを確認できた。また、PCが対応している場合、<デバイス/USB>に<バッテリーを節約するために、画面がオフになるとデバイスを停止します。接続されたデバイスに問題がある場合は、このチェックボックスをオフにします>が加わっている。後者に関しては前ビルドを精査し終えていないため、新機能と断言できないものの、ノート/2-in-1 PC上でWindows 10 Insider Previewを利用するユーザーにはバッテリー駆動時間を延ばせる興味深い機能となりそうだ。

さて、ここからはPC版ビルド15048の修正内容と確認済みの問題を紹介する。まずは修正箇所から。

・一部のUWPアプリケーションはタイトルバーにパッケージ名が表示されることがある問題を修正した。
・一部のPCゲームは起動時に、タスクバーに最小化してしまう問題を修正した。
・Microsoft Edge: アドレスバーに空白を含むURLをコピー&ペーストすると、空白部分が%20に変換されない問題を修正した。
・Microsoft Edge: 「LastPass」拡張機能の自動入力ボタンが表示表示されない問題を修正した。
・Microsoft Edge: 特定のWebサイトに文字を貼り付ける際、予期しない文字が混じる問題を修正した。
・Microsoft Edge: ウィンドウサイズを小さくして他のディスプレイに移動させると、ホイールボタンによるスクロール機能が動作しない問題を修正した。
・Microsoft Edge: 「ページ内の検索」実行時に、Webページをスクロールさせてヒットした文字列がページ中央に位置するようにロジックを調整した。
・ノートPC上のカバーを閉じた際に動作する「カバーを閉じたときの動作」が「何もしない」となり、ディスプレイの明るさ調整が正しく動作しなかった問題を修正した。
・特定のUWPアプリケーションが備える検索ボックスに、文字を入力できなくなる問題を修正した。
・中国語MS-IME使用時に、Cortanaのアイコンをクリックしても文字入力できない問題を修正した。
・特定のWindows 10 Mobileデバイスからの通知が、アクションセンターで意図しないグループに表示されてしまう問題を修正した。
・Outlook 2016からメール受信通知を受け取り、通知をタップしてもアプリケーションが起動しない問題を修正した。

次にPC版の確認済み問題を紹介する。

・ビルド15042を取得するためにIPv6を無効にするレジストリ操作を行った場合は、IPv6を再び有効にする(操作方法はこちらを参照)。
・一部のPCではビルド15046へ更新する際に71%で止まり、以前のビルドへロールバックする場合がある(詳細はこちらを参照)。
・「Symantec Norton AntiVirus」をインストールしている場合、本ビルドのダウンロード時に0x80070228エラーが発生する(詳細はこちらを参照)。
・追加の言語パックをインストールしている場合、本ビルドのダウンロード及びインストールに失敗する(回避策はこちらを参照)。
・特定のハードウェア構成では、配信時にゲームバーのウィンドウが緑色で点滅することがある。ただし、配信映像の品質には影響していない。
・Microsoft Edge: 同一オリジンiframeを使用したWebサイトで「F12開発ツール」を使用すると問題が発生する。
・Microsoft Edge: 「F12開発ツール」のタブにフォーカスが移動しない。
・Microsoft Edge: 「F12開発ツール」起動時にウィンドウが、Microsoft Edgeの後ろに表示されることがある。
・マルチディスプレイ環境で、ディスプレイの1つがレンダリングを停止する問題が発生する。PCを再起動するか、「設定」の<システム/ディスプレイ>に並ぶ「複数のディスプレイ」セクションで、拡張や複製設定を変更することで改善する。

続いてモバイル版ビルド15047の修正内容と確認済みの問題を紹介する。まずは修正箇所から。

・「Microsoft Wallet」で登録済みカードによる支払い、及びカードの追加ができない。
・Microsoft Edge: 動画をフルスクリーンで再生する際、直後に2回タップすると再生/一時停止ボタンが現れる問題を修正した。
・「設定」の<ネットワークとワイヤレス/データ使用状況>参照時に、データが欠落する可能性がある問題を修正した。
・Microsoft Edge: Continuum for Phone使用時にポーランド語キーボードで特定の文字が入力できない問題を修正した。
・Cortanaの背景色を(PC版と同じく)黒色に変更した。
・「-word」オプションが停止し、単語候補が現れる問題を修正した。
・最近のビルドでタスクスイッチャーの起動が遅くなる問題を修正した。
・Lumia 950など特定のデバイスでランドスケープモードにすると「マップ」アプリケーションが正しく動作しない問題を修正した。
・Microsoft Edge: 動画再生時のスライダーの位置を調整すると最初に戻る問題を修正した。
・ダブルSIMをサポートするデバイスで、2枚目のSIMが発する通知がアクションセンターに表示されない問題を修正した。

最後にモバイル版に関する既知の問題

・音声認識言語がダウンロードできない。

Windows 10 MobileにおけるCreators Updateの変更点は少ないせいか、筆者が使っているWindows 10 Mobileデバイスに限っては、PC版のInsider Previewよりも安定している。もっとも、モバイルホットスポット利用時にデバイスを鞄に入れたままでもWindows 10 Mobileバージョン1607の時は問題なかった。だが、Windows 10 Mobile Insider Previewに切り替えてから、接続に失敗することがある。Bluetoothの電波がOSで微弱化することはあり得ないため、他の無線デバイスが干渉するなど環境側の問題のはずだが……。PC自身が干渉源となる可能性もあるため、今後も調査しつつ、何らかの解決策が見つかれば機会を見て読者諸氏にご報告したい。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)