ユン・ジェムン&チョン・ソミン主演映画「パパは娘」4月13日の韓国公開が確定…メインポスター解禁

写真拡大

コメディ映画「パパは娘」(監督:キム・ヒョンヒョプ) が韓国での公開を4月13日に確定し、メインポスターを公開した。

「パパは娘」は父親と娘の体が入れ替わり、プライベートはもちろん、心まで覗けてしまうドタバタのコメディ映画だ。

本日(6日) 公開されたポスターには、可愛い表情のユン・ジェムンとシックなポーズのチョン・ソミンが写されている。

17歳の女子高生の必須アイテムである、ピンク色の華やかな携帯ケースと、愛らしい雰囲気を加えるポンポンの飾りを手に持っているユン・ジェムンと、股を広げて片手に新聞を持ち、つまらなさそうな表情をしているチョン・ソミンは、父親と娘の体が入れ替わってしまったコミカルな状況を表している。そこに、10代女子高生のセルフショットの定番ポーズの“片手頬杖”をしたユン・ジェムンのキュートな表情は画竜点睛だ。

「人生最大の危機に直面!」というキャッチコピーのもと展開されるアルゴリズムは、二人の父娘に起きた、とんでもない出来事に対する理解度を高める。「デート死守」「ジオ先輩♥」などのカテゴリが「これは全部お父さんのせい」という結論につながる過程は、平凡な女子高生が、ある日突然47歳の体で暮らさなければならなくなってしまった悔しさを見せる。また、昇進の機会を目の前に控えて体が入れ替わってしまった父親チョン・ソミンは「職場死守」と「私の夢」の間で葛藤し、一般的な家長たちの哀感を表し、共感度を高める。

ユン・ジェムンとチョン・ソミンの、ボディチェンジを通じた型破りな変身が期待を高めている。

「パパは娘」は彼らのほかに、イ・イルファ、シン・グ、イ・ミド、カン・ギヨン、パク・ヒョクグォン、そして元4Minuteのホ・ガユン、Tiny-Gのドヒまで、コミカルな助演が加わり、強力な笑いを予告する。