アストンマーティン「ヴァンテージ」次世代型プロトタイプの姿を、凍てつくスウェーデンで捉えました。

1

「ヴァンテージ」は発売から12年が経過しており、満を持しての再起動となりそうです。

エクステリアは、「DB11」からインスピレーションを得たフロントエンドに、リップスポイラーやサイドスカートを装着、アグレッシブな仕上がりとなるほか、ホイールベースが若干延長され、居住空間がの向上も図られます。

心臓部には、7速DCTと組み合わされるAMG製4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高馬力は500ps以上とレポートされています。もちろん5.2リットルV型12気筒ツインターボエンジンモデルのラインナップも確実です。

ワールドプレミアは、2017年秋以降になると思われます。

(APOLLO)

アストンマーティン ヴァンテージ再起動!次世代型は500馬力発揮か!?(http://clicccar.com/2017/03/06/450900/)