「ソニービル記念品ルーバー」チャリティ販売をスタート

写真拡大 (全2枚)

ソニーは、2017年4月から建て替えを予定している銀座・ソニービルの外壁の装飾に使用されているパーツを加工した「ソニービル記念品ルーバー」(以下、記念品)のチャリティ販売を開始した。価格は5,000円(税込、送料込)。

ソニービルの50年余りの歴史を記念して製作されるこのオブジェは、ソニービルの外壁装飾に使用されているアルミ素材のパーツ(ルーバー)を手作業で裁断・加工して制作される。記念品は、建築家の故・芦原義信氏の設計により1966年に竣工した、建築物としてのソニービルに対する敬意や、50年余りにわたるソニービルの歴史を形にして後世に残すことを目的としたもの。記念品には1966年開業当時と同じデザインで、1992年の改修時に新たに設置されたルーバーを使用する。

なお、記念品の販売からの収益については、その全額をセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンとソニーが共同で設立した「子どものための災害時緊急・復興ファンド」に後日寄付する予定だ。

■「ソニービル記念品ルーバー」チャリティ販売概要
価格:5,000円(消費税込、送料込)
サイズ:縦12.8 10cm × 横6cm × 奥行11.8 10cm
販売期間:2017年3月1日 11:00〜2017年6月30日 17:00
配送予定日:2017年10月以降(予定)
重さ:160g
素材:アルミ

■特設Webサイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・赤城乳業、熊本県とコラボした「ガリガリ君 九州みかん」を発売。一部を震災復興に寄付
・OPUS最後の来場者参加型音楽イベント-「エレクトリカル アンサンブル -ソニーを奏でる、みんなで奏でる-」を開催
・2月28日は「バカヤローの日」。怒りの実態を丸裸に!(マクロミル調べ)
・「ストリートファイターII」とトヨタの「C-HR」がコラボ