6日、台湾・新北市で、中国吉林省からの観光客と台湾のガイドら24人を乗せた観光バスが道路脇の民家に突っ込む事故が起きた。

写真拡大

2017年3月6日、台湾・新北市で、中国吉林省からの観光客と台湾のガイドら24人を乗せた観光バスが道路脇の民家に突っ込む事故が起きた。中国新聞網が伝えた。

台湾メディアによると、バスを運転していた40代の男性が、運転中に心筋梗塞を起こした可能性があるという。乗客2人が軽いけがを負ったが、病院へ搬送する必要はないという。

台湾では2月4日、高雄市で中国浙江省からの観光客26人を乗せたバスが橋桁に衝突する事故があった。同13日には台北市で台湾の花見ツアー客らを乗せた観光バスが高速道路で横転し、30人以上が死亡する事故が起きている。(翻訳・編集/柳川)