写真提供:マイナビニュース

写真拡大

丸紅と沖電気工業(OKI)は6日、国土交通省国土技術政策総合研究所が公募する「ETC2.0車両運行管理支援サービス」に関する第II期社会実験に関して共同で取り組みを進め、ETC2.0を活用した物流事業者向け車両運行管理支援サービス実験を3月より開始したことを発表した。

両社は、同実験で法人向けMVNO・MVNE事業者である丸紅無線通信(丸紅の100%子会社)の無線通信サービスと、OKIのETC2.0に対応した車両運行管理支援サービス「Locoもび」を組み合わせ、同じく丸紅の100%子会社である丸紅ロジスティクス(以下 MLOGI)および丸紅グループのアルテリア・ネットワークス(以下、アルテリア)に車両運行管理支援サービスを提供するもの。

MLOGIとアルテリアは、それぞれ数十台規模での車両運行管理実績があり、同実験ではETC2.0の仕組みを活用して、動態管理を含めた車両運行管理支援サービスを提供することで、運行効率の改善・向上を図るとともに、ETC2.0を活用したサービスの有効性を評価するものだ。

また、丸紅およびOKIは同実験の結果を踏まえ、スマートフォンの位置・加速度情報、OBD-IIの燃費・車速等情報、ウェアラブルデバイスの心拍数情報等のビックデータを収集・分析・活用することで、車両運行管理の効率化や運転日報の自動生成、運転手向け安全運転支援、労務管理まで実現し、物流業務の環境改善・効率化を図るIoTソリューションを企画している。

なお、丸紅は丸紅無線通信を通じて、IoTや格安SIM事業者等向け無線回線の提供に加え、位置情報管理や映像監視・分析等のIoTサービスをスタートしている。今後も回線販売に留まらず、IoTサービスを検討する事業者向けに、無線機器・回線からクラウド、アプリ開発まで含めたIoTソリューションを提供していくとしている。

一方、OKIは、国土交通省や道路会社などの道路管理者向けにETC自動料金収受システムおよびETC2.0システムを提供し、昨年度からはETC2.0システムから得られる車両情報を民間のサービスに活用する検証を進めるなど、物流事業者向け運行管理支援サービスに取り組んでいる。今後は、車両をセンサーとして活用するIoTソリューションのさまざまなサービスを展開していくとしている。

(早川厚志)