メロディーはよく知っているのに…そんな“クラシックの曲名と作曲家”の検索ガイド本が登場

写真拡大

 ロング・セラー『ケータイに便利な音楽用語・記号事典』のスタッフによる『気楽に読めて見つけやすい“クラシックの曲名と作曲家”』の検索ガイド本が3月23日に発売する。

 テレビ(CM/番組)、映画、街のBGMなどで何度も耳にしてメロディーは口ずさめるくらいによく知っているが、その「曲名」や「作曲家」の名前が浮かばない……。普段クラシックに馴染みのない人にとって、こうしたケースは少なくないはずだ。

 本書では、CMやBGMとしてよく使われるクラシックの有名曲をセレクトし、それら1曲毎のデータ(映画やCM等での使用実績例/曲名/原題/作曲家/作曲年/代表的な演奏音源/曲にまつわるミニ・エピソードや蘊蓄)を読み易く端的に紹介・解説している。

 さらに曲名 / 作曲家名の総合索引に加え、各曲のさわり部分が聴けるダイジェスト音源を収録したカンニングCD(85曲収録)も付いている。クラシックの世界にはあまり明るくなくとも、気になった楽曲の検索がよりスムースに行なえる。


◎リリース情報
『クラシックの「曲名」と「作曲家」がすぐわかる本』
2017/3/23 RELEASE
本体価格 1,500円(tax out.)
A5判/128頁/CD付
ISBN:978-4-401-64443-8
第一章「映画で流れていたあのメロディー」
第二章「テレビで耳にしたあのメロディー」
第三章「日常生活で聴いたあのメロディー」
第四章「あのメロディーの作曲家たち」
etc...