長谷川博己と岡田将生が出世争い!

写真拡大

 俳優の長谷川博己が、4月放送のTBS日曜劇場「小さな巨人」に主演することがわかった。警視庁本庁と所轄の確執、警察内部の戦いを描くエンタテインメントドラマで、長谷川扮する捜査一課の刑事と出世争いを繰り広げるライバルを岡田将生が演じる。スタッフは、「半沢直樹」「下町ロケット」の顔ぶれが結集している。

 捜査一課の実力派刑事・香坂真一郎は、捜査一課長を目指して日々精進していたが、取調べ中のミスが原因で所轄に左遷され、出世街道からも外される。移動した矢先、身代金10億円を要求する誘拐事件が発生。捜査一課時代と同様の捜査を行おうとする香坂であったが、元部下で警視庁捜査一課長の運転担当・山田春彦(岡田)に「所轄は後方支援。現場は本庁に任せてください」と釘を刺される。

 山田は東京大学卒で、警察庁次官から官僚トップに上り詰めた人物を父に持つエリートでありながら、警察庁でなくノンキャリアと呼ばれる警視庁に入庁した。その理由は、捜査一課長になって、ある未解決事件の捜査の指揮をとるため。最短距離で出世をして、自分の理想とする仕事がしたいという野望に燃えていた。

 「日曜劇場」枠のドラマで初主演を務める長谷川は、「警察組織を舞台に、人間の出世欲や権力欲、正義とはなにか、を描いた完全オリジナル作品です。事件ものの刑事ドラマの枠にとらわれることなく、見る方々それぞれの心に何かを残す普遍的な作品になると思います」と言い、「数々のヒット作品を送り出したスタッフの皆さんと様々なジャンルの出演者がどのような科学変化を起こすか、私自身も楽しみでなりません」と期待を寄せている。

 一方の岡田は、TBSの連続ドラマ初出演。「山田という役は、誰かを蹴落としてでも上に登り続けることしか頭にない、向上心の塊みたいな人間です。冷静かつ、寡黙なその顔が表の顔なのか裏の顔なのか、キャラクターを含め物語がすごく気になります。今まで演じたことがない役なのでとても楽しみです」と役の印象を明かす。そのうえで、「この役と共に長谷川さんに真正面から衝突していきたいと思っております。気合い充分です!」と意欲をみなぎらせた。

 このほか、安田顕、春風亭昇太、駿河太郎、手塚とおる、木場勝己らの出演も決定。さらに、ある大物俳優が香坂の刑事人生を大きく変える捜査一課長・小野田義信役、注目の若手女優がヒロインを務めることが決まっており、詳細は後日発表される。日曜劇場「小さな巨人」は、4月からTBSで放送開始。