画像

写真拡大 (全2枚)

 電通デジタルは、シナラシステムズジャパンと協業でオンライン上の顧客行動が来店に与える効果を包括測定するサービスの提供を開始した。

 電通デジタルは、位置情報を活用したマーケティングプラットフォームを保有するシナラシステムズジャパン(以下、シナラ)との協業により、ネット広告への接触や自社サイトへの来訪が、店舗への来店・購買に与える効果を包括測定するサービスを開発し、3月6日より提供を開始した。

 昨今、最終的に店舗で購買が完結する業態のクライアント企業から、オンラインと店舗の顧客行動を紐づけできる、包括的なコミュニケーション効果の測定が強く求められてきた。しかし既存の手法では、オンライン上で紐づけ可能な行動が個別の検索エンジンやSNSのみに限定されていたり、調査会社の保有モニターを利用した分析では自社ブランドに関与するサンプル数が十分に確保できなかったりなど、そのニーズに対応することができていなかった。

 今回提供を開始したサービスでは、ネット広告や自社サイトなど、タグを埋め込むことが可能なすべてのオンライン上の行動を横断して計測できることが特徴を持つ。これにより、オンライン上のカスタマージャーニーと店舗への来店データを、十分に匿名化した上で個別の顧客単位で連結することが可能になった。

 さらに、顧客の来店行動の計測にはシナラのパートナー企業が持つ月間1,000億イベント(Wi-Fiによる位置情報の延べ検知件数)を超える大量のWi-Fiデータを活用。くわえて、シナラ独自の検知技術で信頼性の低いデータを排除しているため、量と質の両面で高いデータ品質を実現している。

 また、電通デジタルが同サービスをテストマーケティングとして、大手自動車および消費財メーカーに試験導入したところ、取得データの精度の高さが実証された。

MarkeZine編集部[著]