6日、新京報によると、中国上海市にある寺で5日、つるされていた鐘が落下し、下にいた女性が負傷するという事故が起きた。

写真拡大

2017年3月6日、新京報によると、中国上海市にある寺で5日、つるされていた鐘が落下し、下にいた女性が負傷するという事故が起きた。

【その他の写真】

現場となったのは市中心部に位置する静安寺で、女性の体は足だけを外に出す格好で鐘に覆われたもよう。搬送先の病院関係者は「女性は手術を受け、その後、集中治療室(ICU)に入った」と説明している。

この寺はオフィスビルや店が建ち並ぶ南京西路沿いにあり、日ごろから多くの観光客が訪れている。(翻訳・編集/野谷)