ホフディラン 20周年ラストはサニーデイ迎え“最後の晩餐”「お腹をすかせて来てください」

写真拡大

 ホフディランが、デビュー20周年イヤーの最終日にあたる2017年7月2日に、東京・TSUTAYA O-EASTにて20周年記念ファイナル【ホフディラン<20周年最後の晩餐>】」を開催すると発表した。

 デビュー曲「スマイル」(1996年)のリリース記念日&メジャーデビュー日でもある7月3日からはやくも20年。2016年7月3日 渋谷eggmanを皮切りに【20周年記念ライブ】として様々なライブを行ってきホフディランが、2017年7月2日 TSUTAYA O-EASTにてそのファイナル公演を開催する。ゲストにはサニーデイ・サービスを迎えることも発表された。

 通常チケットに加えて、音楽界のカレー王・小宮山雄飛と音楽界のラーメンキング・田中貴のスペシャルコラボ「カリーsoba」をミシュラン一つ星の『Japanese soba noodles蔦』の大西シェフが作る奇跡の一杯「小宮山雄飛×田中貴 with Japanese soba noodles 蔦スペシャルコラボ【カリーsoba】」がついてくるVIPチケットも3月6日より特設サイトにて先行予約申し込みを受け付けている。


◎ホフディラン コメント
<ワタナベイビー>
おかげさまで、ホフディランの一員として20年間という長い時間を過ごす事ができました。
“谷あり谷ありまた谷あり”の茨の道ではありましたが、それ以上に、私ワタナベイビーと、小宮山雄飛にとって、この20年間の歳月は、素晴らしくも美しい“青春時代”そのものでした。
ふたりともとっくに40歳をオーバーし、私に至っては来年50(!)の大台を迎えようとしている訳ですが、“ホフディラン”という物がある限り、二人の青春時代は終わりを告げません。
それは、ホフディランを応援してくれて、レコードを聴いてくれたり、ライブに来てくれた皆さま全員の青春も同じだと思っております。
我々ホフディランもまだまだ青春! 皆さんの青春時代もまだまだ終わっていませんよ!
20周年最終日! 意外にも初めて、サニーデイ・サービスをお招きしてのツーマン・ライブを行います。
あの頃、青春のど真ん中だった皆さん!
まだまだ青春まっ只中である事を確かめに、噛み締めに、そして謳歌しに来てください。
ラスト・ライブのつもりで歌います。翌日死ぬつもりで演奏します。

<小宮山雄飛>
20周年最後の晩餐に、何を食べて、どう過ごしたいか?
自分の一番好きな友人と音楽に囲まれて、一番好きなものを食べたい。
僕だったら当然自分の音楽と、サニーデイの曲、さらに(まだ内緒の)素晴らしい友人に囲まれて、大好きなカレーとラーメン(しかも日本を代表するシェフが作る一杯!)でも食べれたら、それは最高だなあ。
そんな想いがそのままイベントになりました。
20年間の想いがぎゅっと詰まった、最高の晩餐をみなさんと共に。
お腹をすかせて来てください!!

◎ライブ情報
【ホフディラン<20周年最後の晩餐>】
2017年7月2日(日)TSUTAYA O-EAST
OPEN 15:00 / START 16:00
出演:ホフディラン/サニーデイ・サービス and more! coming soon!!
http://hoff.jp/e/h20/
<チケット>
1F立見:6,300円
※20thステッカー付き
1F立見(VIP):7,300円
※小宮山雄飛×田中貴 with Japanese soba noodles 蔦スペシャルコラボ【カリーsoba】付き
2F指定席(VIP):8,000円
※限定60枚 1Fへの移動も可能
※小宮山雄飛×田中貴 with Japanese soba noodles 蔦スペシャルコラボ【カリーsoba】付き
※メンバーからメッセージカード付き(全部手書きの個別のメッセージ)
※20thステッカー付き
チケットHP先行:3/6(月)10:00〜
http://eplus.jp/hoff20hp/