スマートフォンやタブレットが普及して、自分のスケジュール管理にスケジューラーやカレンダーアプリを利用することも一般的になりました。

実際に紙のカレンダーから移行してみると、予定をアラームで知らせてくれたり、ダブルブッキングしにくくなる便利さがあって、手放せなくなる理由がすぐにわかるはずです。このスマホやタブレットでのスケジュール管理をさらに強力にサポートしてくれるのが、「aCalendar+」です。

170306_ausp_acalendar.png


カレンダーアプリは、スマホにはじめから内蔵されているものを使っている人が意外と多いそうですが、正直、操作感に馴染めない...という人もいるでしょう。その点、「aCalendar+」はインターフェースがかなり練りこまれており、使いやすいです。

たとえば、画面の上下スワイプで日付移動、左右スワイプで月、週、日といった表示の切り替えができます。この操作に慣れると、紙の手帳のように直感的に表示を切り替えて、予定を確認できます。

月、週の俯瞰で予定を眺めると、中長期の予定のタイミングを間違えることが減りますし、1日視点なら日々の細かな予定の見落としを減らせます。このダイレクトな操作感と見やすさが「aCalendar+」のメリットのひとつといえます。


20170227_a_acalendar3.jpg


かなり細かくカスタマイズできるのも良さのひとつ。「日曜はじまり」「月曜はじまり」といった「週の開始日」設定が全曜日(7つ!)から選べたりします。週の真ん中など平日が休みとなる職種でも、休みの日を右端方向に置くような設定が簡単にできて心強い限りです。このように自分の生活習慣に合わせたカレンダーをデザインできるのは、デジタルならではの良さでしょう。

Googleカレンダーとの同期設定もできるので、乗り換えに頭を悩ませる必要もありません。

「aCalendar+」は500円という価格に見合った機能を持つカレンダーアプリです。広告が表示される無料版もありますが、auスマートパスユーザーの方は、追加料金を支払うことなく有料版を利用できます。

「aCalendar+」はメインで使えるカレンダーアプリとして、かなり有力な選択肢のひとつだといえると思います。

(ビッグ太)