6日、英コンサルティング会社、ブランド・ファイナンスがこのほど発表した2017年版の「最も価値のある自動車ブランド」トップ100に中国から15ブランドが入選した。首位は日本のトヨタだった。写真は2016年の北京モーターショー。

写真拡大

2017年3月6日、英コンサルティング会社、ブランド・ファイナンスがこのほど発表した2017年版の「最も価値のある自動車ブランド」トップ100に中国から15ブランドが入選した。首位は日本のトヨタだった。参考消息網が伝えた。

上位3ブランドはトヨタ自動車、BMW(独)、メルセデス・ベンツ(独)で前年から順位に変更はなかった。

中国ブランドでは、哈弗(ハーバル、Haval)、五菱(ウーリン、Wuling)、長城(グレートウォール、Great Wall)、宝駿(バオジュン、Bao Jun)が新たにランク入りした。順位はそれぞれ、30位、38位、77位、80位だった。

中国ブランドで首位は吉利(ジーリー、Geely)の24位。(翻訳・編集/柳川)