tv_20170306120515.jpg

写真拡大

東京都豊洲市場の地下水から検出される有害物質の数値が9回目の調査で急にはね上がった問題について、担当した業者が都の指示で8回目までとは異なる方法で採水していたことを都議会で証言した。こちらの方法がむしろ適切で、それまでのやり方では数値が低くなるという指摘も出ている。

司会の羽鳥慎一「調査の手順が問題という指摘があがっています」

これまでの調査は環境省のガイドラインに基づき、井戸にたまった水を取り除く「パージ」とよばれる作業の後に出る水を採取して行ってきた。1回目から8回目までは、パージの翌日か翌々日の水を検査した数値が発表されていた。

都の指示でパージ後すぐに採取した9回目

しかし、9回目を担当した湘南分析センターの幹部はおととい4日(2017年3月)の都議会特別委員会で、パージ後20分から30分たったところで水を採取するように都から指示されたと述べた。都側は「指示した事実はない」と否定している。この調査では環境基準の79倍のベンゼンが検出された。

数値低く抑えるために操作していた?

横浜国立大の浦野紘平名誉教授は「パージ後に時間をおくほど採取された水から出る数値は低くなる傾向がある」という。それで有害物質の数値が低く抑えられていたとしたら、8回目までの数値は低めにごまかすためだったのかという疑いが出てくる。

住田裕子(弁護士)「8回目までは大手建設業などジョイントベンチャー系の業者が調査していた。今回は業者がちがう」

玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「今回の業者はウソをいう理由がない」

豊洲をめぐる都の対応がますます怪しくなってきた。