これは画期的。

楽しみなゲームがたくさん出てきているVRですが、メジャーなゲーム内でできる操作は現実と瓜二つ...というところまでは行っていません。コントローラーを握らないといけないため、そのボタンやデザインに従ってゲームをしないといけないわけです。ゲームなので当たり前な話なのですが、ここまでVRが発展すると思わずVR内でも指を使ってタイピングできるような気になってしまいます。

TNWによると、そんなVR内のタイピングをより効率的に行うためにJonathan Ravaszさんが開発したのが「パンチキーボード(PunchKeyboard)」。タイプライターのようなデザインの立体的QWERTYキーボードをスティックで叩くことでタイピングするというこちらのビジュアル・インターフェース。予測変換も組み合わせてかなり速くタイピングができそうです。



uxdesign.ccのブログでは開発プロセスについて細かく説明しています。発想のもととなったのはGoogleのDaydream Labsによるこちらのアプリです。



デモとレポジトリはこちら、GitHubでダウンロードできます。既存のゲームで使うことはできなさそうですが、これを基にデベロッパーが今後のゲームに導入することはできそうです。VR内のユーザビリティ、どんどん高まっていって欲しいですね。


・頭の中で「...再生!」と念じるだけのリモコンをNetflixが開発


image: Vimeo
source: TNW, Keyboard Input for Virtual Reality - uxdesign.cc, Vimeo, Google VR - YouTube, GitHub
(塚本 紺)