写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フジテレビは6日、東京・台場のヒルトン東京お台場で4月改編説明会を開催し、プライム帯(19:00〜23:00)に3本の新バラエティをスタートさせることを発表した。

火曜(19:57〜20:54)は、内村光良MCの『優しい人なら解ける クイズやさしいね』を終了し、秘められた才能に気づける新感覚テスト番組『潜在能力テスト』を開始(キャスト調整中)。水曜(22:00〜22:54、4月19日スタート)は『もしものふたり』を終了し、バカリズム・劇団ひとり・澤部佑・カズレーザーがMCを務めるトーク番組『良かれと思って!』。

土曜(19:00〜19:57)は、『超ハマる!爆笑キャラパレード』が金曜(23:30〜23:58)へ移動して『ネタパレ』(南原清隆・陣内智則・増田貴久)にリニューアル(4月14日スタート、同時間で放送中の『Love music』は日曜24:30〜25:25に移動)。後枠に、加藤綾子と榎並大二郎アナがMCを務める『最上級のひらめき人間を目指せ! クイズ!金の正解!銀の正解!』がスタートする。

また、火曜(23:00〜23:30 ※関西テレビ制作)は『#nakedEve』が終了して、"今輝いている女性"に密着する『セブンルール』(仮題/MC調整中)がスタート。その他、深夜帯では、若手芸人8組程度によるバラエティ『新しい波24』(4月3日スタート、毎週月曜24:25〜24:55 ※初回24:40〜26:40)が編成され、レギュラーゲストとしてナインティナインの岡村隆史が出演。

そして、バナナマン・おぎやはぎ・オードリーによるトーク番組『もろもろのハナシ』(4月12日スタート、毎週水曜24:25〜24:55)がレギュラー化。指原莉乃とリリー・フランキーが2人ぼっちの深夜ロケを敢行する『SML』(仮題/4月16日スタート、毎週日曜25:25〜25:55)が編成される。

フジテレビの宮道治朗局次長兼編成部長は、ゴールデン帯(19:00〜22:00)で2つのクイズ番組を投入する狙いについて「世代を選ばず楽しんでもらえる番組になる。しっかりと視聴率の底上げを図っていきたい」と説明。22時台以降については「基本的に若年層をターゲットに、そこから上下ファン層を広げていきたい」と話した。

また、『ネタパレ』については、世帯視聴率の苦戦で土曜19時台から撤退することになるが、「非常に意義のあるチャレンジができていたと自負しています」と総括。その上で、「23時半に枠を移動して、すべての枷を取り払って、若年層ターゲットに100%振り切っていきたい」と意気込んだ。

今改編も引き続き「フジテレbe with you.」をテーマに展開し、宮道氏は「その思いを体現できる番組をそろえることができた」とコメント。改編率は、全日6.5%(昨年10月改編は14.5%)、ゴールデン22.4%(同34.3%)、プライム24.0(同32.6%)と、前回に比べ若干小幅となっている。