(左から)「ジョージア ザ・プレミアム」、「ジョージア ザ・プレミアム 微糖」、「ジョージア ザ・プレミアム カフェオレ」、「ジョージア ザ・プレミアム ブラック」

写真拡大

日本コカ・コーラは、缶コーヒーブランド「ジョージア ザ・プレミアム」(185g缶・税別119円)の新ラインナップ「ブラック」(170g缶・同120円)、「カフェオレ」(185g缶・119円)と、大幅にリニューアルした「微糖」(260mlボトル缶・同136円)を、2017年3月6日から全国で発売する(ブラックのみ自動販売機専用)。

「ジョージア ザ・プレミアム」シリーズは、同社が「ジョージア史上最高傑作」とうたうほどの自信作。同商品のプレスリリースには「史上最高」という言葉が15回も登場する。はたしてジョージアの実力はいかに――。

「ジョージア史上、最高のコクと香り」

15年8月に発売された「ジョージア ザ・プレミアム」(185g缶・同119円)は、缶コーヒーに関する40年間の知見や技術を結集させたとし、市場調査・開発にそれぞれ1年をかけ、試作品は100を超えたという。

その「ジョージア ザ・プレミアム」に「新顔」が2種類加わり、既存の「微糖」も大幅にリニューアルされた。

「ブラック」「カフェオレ」「微糖」は、バランスのとれた味わいのブラジル産最高等級豆を含め、通常より30%多い豆を使用。粗挽きにすることで雑味をなくし、コーヒー本来のコクを引きだした。

さらに、コーヒー豆の良いところだけを抽出する「超贅沢ドリップ」で上質な香りを引きだし、焙煎豆から搾ったコーヒーオイルで豆本来の豊かな香りを加えることで、「ジョージア史上、最高のコクと香り」を実現した。

試飲してみると...

「専門店」「コンビニコーヒー」の台頭で、缶コーヒーからしばらく遠ざかっていた記者が試飲してみた。

「ジョージア ザ・プレミアム ブラック」は、プルタブを開けると、香ばしい香りがふわっと広がる。飲んでみると、ほのかな苦みとすっきりとした飲み味が印象的で、本格志向の「コーヒー党」にぴったりだ。

「ジョージア ザ・プレミアム微糖」は、適度な苦味と優しい甘さが口内から鼻にスッと抜けていき、専門店で飲むような上品な味わいだ。ほっと一息つきたいときや、少し甘いものがほしくなったときに最適といえる。

「ジョージア ザ・プレミアム カフェオレ」は、北海道産生クリームと牛乳をふんだんに使っているだけに、口あたりが非常にまろやか。ミルクのリッチ感がありながらも、しっかりとしたコーヒーのコクを体感できる。コーヒー独特の苦味が苦手という人にはうってつけだ。

発売記念キャンペーンが2本立て!

3月6日から4月2日の期間、「ジョージア ザ・プレミアム」シリーズを飲んだ感想を、ツイッターでハッシュタグ(#最高のコクと香り、#ザ・プレミアムシリーズ)とともにツイートすると、抽選で1000名に「ジョージア ザ・プレミアム」シリーズ4本セットがもらえるキャンペーンを実施する。

さらに、3月10日から3月24日の期間、全国7都市(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡)の主要タクシー会社のタクシーに乗車すると、「ジョージア ザ・プレミアム カフェオレ」1本がもらえるキャンペーンもスタートする。