リンデロフ、ユナイテッド移籍消滅か…リサンドロ・ロペスと共にベンフィカと契約延長へ

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッドは、関心が伝えられてきたベンフィカのスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(22)の獲得に失敗したのかもしれない。

▽ポルトガル『A Bola』は5日、リンデロフと元アルゼンチン代表DFリサンドロ・ロペス(27)がベンフィカと2021年6月30日までの契約延長で合意と報道。リンデロフとの契約には、6000万ユーロ(約72億4000万円)のバイアウト条項が新たに盛り込まれたという。

▽リンデロフは、スウェーデン代表でチームメートだったユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチからも高い評価を受けるセンターバック。今冬には一時ユナイテッドに移籍間近との見方が強まっていた。

▽一方、リサンドロ・ロペスは2013年夏に5年契約でベンフィカ入り。その後、ヘタフェへのレンタル移籍を経て、2014-15シーズンからベンフィカに戻り、今シーズンのここまで公式戦15試合に出場している。