【詳細】他の写真はこちら

これならもう、目立ちません。

最近はヘルメットにアクションカムを取り付けて、バイクでのツーリング動画撮影などを楽しむライダーが増加中。しかし手持ち用のアクションカムはヘルメットへのフィット感がイマイチだったりして、その見た目から「殿様マウント」なんて呼ばれることも……でも、サメのヒレのような流線型フォルムで既存のヘルメットにマッチする『Real720Helmet』なら、周囲に違和感を感じさせることなく撮影を楽しめそうなんです。

『Real720Helmet』は自動車用のシャークアンテナのように、ヘルメットの曲面にそった形状のカメラユニット。搭載された2つのカメラにより、「左右360度+上下360度=720度」の動画撮影ができるとされています。また、ヘルメットへの装着は粘着テープ式。特別な加工が必要ないおかげで、ヘルメットを痛める心配もありません。

ヘルメットに装着した状態で、2K〜4K解像度での音声つき動画や、1600万画素の静止画撮影が可能。また、バイクのみならずクルマのボディへ装着できるようにする「CAR Kit」も登場します。撮影された動画データはリアルタイムでスマートフォンへと送信でき、さらにスマートフォン経由でのストリーミング配信も可能です。



小さな本体で、迫力の映像を撮影



左右360度+上下360度の同時撮影映像は、これまでのバイクでの車載動画とはまた違った趣があります。上空まで見渡せる映像の開放感が気持ちいいですね。本体はIP54の防塵/防水規格に準拠しているので、多少の雨や砂埃は気にしなくても良さそうです。





本体重量が150gと軽量なこと、そして空気抵抗のすくない流線型の形状が、ヘルメットにアクションカムを取り付けた際に特有の「カメラが振られる感覚」を防いでくれます。安定した撮影が期待できそうですね。



『Real720Helmet』はクラウドファンディングサイトのKickstarterにてプロジェクトを行っており、現在は299ユーロ(約3万6000円)にて予約を募っています。製品の出荷予定時期は2017年の7月です。

小さく、目立たないボディでありながら迫力の車載動画が撮影できる『Real720Helmet』。バイク用アクションカムの目玉製品になれるだけのポテンシャルを秘めていそうです。

文/塚本直樹

関連サイト



Kickstarter(『Real720Helmet』プロジェクトページ)

関連記事



アクションカメラ入門機に。4980円という破格の防水HDカムが発売!

子供だから撮れる“絵”がある! キッズ用アクションカメラ『プレイショット』

アクションカメラ新時代突入!GoProの新ラインナップに、ソニーが追撃!!