「この子と結婚したら幸せだなあ」と思わせる彼への手料理

写真拡大



大げさなプレゼントを送るより、愛情いっぱいの気持ちが伝わるのは手料理ですよね!ですが、数あるメニューの中から何を作るのが正解なのでしょうか?彼がグッときてしまう、彼女の手料理はどんなものなのでしょう?

■【ハンバーグ】

小さい子供から、大人まで大好きなメニュー「ハンバーグ」。やはり男性ウケもかなりいいようです。普通のレシピで作るのももちろん良いのですが、ちょっとアレンジするのも面白いですね。たとえば、・ ハンバーグの中にチーズを入れて、開けてビックリ!チーズインハンバーグ・ お豆腐を使ってヘルシーに!お豆腐ハンバーグなどなど。「すごい!こんなこともできるんだ」と、驚きと同時により家庭的な印象を与えることができます。喜んでもらうにはとても良いですね。“一緒に暮らしたら楽しそう”と思ってもらえるようなサプライズを仕掛けてみましょう。

■【お味噌汁】

お味噌汁は家庭料理の基本ですよね。疲れているとき、調子が悪いとき、妙に心に染みる不思議な食べ物です。大げさな料理を作らなくても、お味噌汁美味しく仕上げるだけで、家庭的な女性を演出することができそう。

具材もシンプルにお豆腐やワカメ、大根やほうれん草など、無理なく素朴なものから挑戦しましょう。無理に豪華にしないほうが、家庭的な印象を強く感じさせることができるもの。「お味噌汁あるけど、飲む?」と、疲れている彼にすっと差し出せたら、それだけできゅんとさせられるかもしれませんよ。

■【煮物】

よく“男性を落とすには肉じゃが”と言いますが、煮物はやはり男性の胃袋を掴めむための鉄板料理と言えそうです。特に外食が多かったりすると、パスタやハンバーガーなど、洋食やイタリアンを食べる機会が多いかと思いますが、やっぱりお母さんやおばあちゃんの手料理を食べるとほっとする瞬間ってありますよね。コテコテとした洋食ばかりだと胃袋が疲れている場合も多いので、煮物など安心できる食べ物は彼の心をつかむこと間違いなし。

また、彼に料理をする姿を見せていないのなら、一気に家庭的なイメージを印象付けるチャンスにもなります。「この子、意外と奥さん向きなんだな…」といったギャップを生むには、煮物はとても良いでしょう。

■【お弁当】

これは料理とは異なりますが、チャンスがあれば挑戦して欲しいのが「お弁当」。ちょっと照れくさいかもしれませんが、愛情いっぱいのお弁当は男性の心を惹きつけます。ただ、彼もひとりで食べるわけではなく、人前でお弁当を広げることもあるでしょうから、盛り付けが可愛すぎたり、キャラ弁のような子供じみた内容にしすぎるのは控えましょう。

なかには、冷凍食品が入っていてもいいと思います。無理に手作りしようとせず、あなたの出来る範囲での“精一杯の思い”が伝われば十分ですよ。ここで見栄を張ると、後に「また作って」と言われたときに、自分の首を絞めてしまうことにもなりかねません。彼の好きなおかずをいれたり、体を気遣った野菜メニューが入っていたり、そういった思いやりを感じるだけでも、彼はきゅんと嬉しい気持ちが湧いてくるでしょう。

■【おわりに】

料理と結婚はイメージとして繋がりやすい部分です。無理なく、でも愛情が伝わる料理を作って、彼の胃袋とハートをゲットしちゃいましょう!(あやか/ライター)

(ハウコレ編集部)