写真提供:マイナビニュース

写真拡大

3月18日公開の映画『3月のライオン』の前編・後編〈イッキ見〉試写会が5日、都内で行われ、主演の神木隆之介をはじめ、有村架純、伊勢谷友介、大友啓史監督が出席した。

羽海野チカの大ベストセラーコミック『3月のライオン』を、『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が、神木隆之介を主演に迎えて実写映画化した本作。中学生という若さで棋士としてデビューし、東京の下町で一人暮らしをしている桐山零(神木隆之介)を主人公に、将棋や下町の人々との交流を通じて、心のどこかで空虚を抱えている零がさまざまな思いに直面していく姿を描き出す。

この日は【前編】と【後編】の"イッキ見"試写会が行われ、試写会後にキャスト陣と大友監督による舞台あいさつ。主演の神木は「前編は対局シーンや棋士がそれぞれ何かを抱えてどういう風に生きているのかということが描かれていて、プロとしてこの世界で闘っていかなければいけない覚悟を前半で感じました。後半は各キャラクターの持っていた孤独とか苦しみがゆっくり溶けていくイメージで、最後の零の表情を見て、救われた気持ちになりました」と感想を語り、有村も「登場人物みんながそれぞれ思いを抱えていて、その苦しみが分かる前編、それを回収してくれるのが後編で、みんなが報われた作品だと思います」と話した。舞台あいさつの途中からは、後編に出演した伊勢谷友介も加わり、役と自分が異なって大変だったという有村に「女優でしょ」と言い放ったり、観客に向かって神木を「皆さんピュアだと思っているでしょ? ロケの時にニコニコしてて腹黒いんですよ」と明かすなど、言いたい放題だった。

また、観客から「難しかったシーンは?」と質問された有村は「後藤さん(伊藤英明)とのシーンが難しかったです。香子のようで香子じゃないというか、すっごく難しかったです。香子らしい感じじゃないのがずっとありました」と回答。するとこの日はやたらと毒舌だった伊勢谷から「神木君に対する方が香子らしい感じだった?」と問われた有村が「そうですね」と答えると、すかさず伊勢谷が「あの態度は後藤にはしてないってことですね。最低だな」と毒づいて笑いを誘っていた。映画『3月のライオン』は、【前編】が3月18日より、【後編】が4月22日より全国公開。