ゆうばり映画祭クロージング上映「哭声/コクソン」ナ・ホンジン監督&國村隼が登壇!

写真拡大 (全2枚)

2016年カンヌ国際映画祭で上映されるや、観る人を震撼させ、韓国で観客動員数700万人に迫る大ヒットを記録した究極のサスペンス・スリラー「哭声/コクソン」 が、3月11日よりシネマート新宿ほかにて公開となる。

韓国で最も権威ある映画賞のひとつである「第37回青龍映画賞」では監督賞をはじめ、日本から参加し、平和な田舎の村に大きな変化をもたらす“よそ者”を演じた國村隼が同映画賞の歴史の中で、韓国以外の外国人俳優として初受賞となる男優助演賞と人気スター賞を受賞するなど、同年度最多となる合計5部門を受賞。また、韓国のアカデミー賞といわれる「第53回大鐘賞」でも本年度最多タイとなる5部門で受賞。その評価は各国映画祭や韓国だけに留まらず、米No.1映画レビューサイト『RottenTomatoes』では批評家満足度で驚異の99%(1月30日時点) をマークしている。

本作が、現在開催中の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」でクロージング作品として3月5日に上映され、本上映のために今年1月に続き来日したナ・ホンジン監督と國村隼が舞台挨拶に登場! 上映後に観客とのティーチインを行った。

監督は「チェイサー」が上映された2009年と審査員として参加した2011年以来の訪夕、國村は初めてのゆうばり映画祭参加となり、本作の日本公開を目前に控えての“北海道プレミア”ともいうべき機会を存分に満喫した。

上映前にはナ・ホンジン監督がひとりで登場。本上映に合わせて昨晩夕張に到着したばかりだといい、「コンニチハ、ナ・ホンジンデス」と日本語を交えて挨拶。國村が「青龍映画賞」で外国人俳優史上初となる男優助演賞を受賞したことについて、「本当にうれしかったです。その演技はもらって当然だと思ってはいましたが、授賞式のために韓国まで足を運んでくださって、受賞されなかったらどうしようかと心配したので、胸をなでおろしました」と振り返る。

上映後には國村も登場。この映画の脚本を読んだ上で、出演を決めた理由について聞かれると「撮影自体は今まで経験したことのないくらいタフなものになるだろうと予想はしていましたが、それでもやりたいと思いました」と語った。國村に出演オファーをした監督は、「國村さんのこれまでの映画を見て、編集されていないひとつのカットの中ですでに編集されているような多様な姿を見せているのが印象的でした。映画をご覧頂いたように、お客さんが“よそ者”という人物をどう捉えるかが重要で、その点で國村さんとこの映画が目指す目標が一致したのでお願いすることにしました」と語った。

会場には大勢の観客が詰めかけ、ティーチインにも質問が途切れることなく飛び出した。
映画のアイデアの根源を聞かれた監督は、「実話を素材にした物語ではありません。これまで作られた他の作品を見てみても、加害者からの視点の方が多かったと思います。でも、自分は被害者の視点でこの物語を進めたかったんです。“なぜ、この人はこんな目に遭わなければならないのか”“なぜこんなことになってしまったのか?”その答えは、実際の出来事や作品をいくら探してもありませんでした。だから、悩み悩んでこのような話を思いついたんです」と答える。

“よそ者”を日本人にしたことについて、監督は「よそ者のモチーフは新約聖書から得ました。皆さんは主人公ジョングの立場から映画をご覧になったと思いますが、よそ者は聖書ではその反対側にある存在です。遠くエルサレムから噂になっているイエスという存在。イエスが近づいてきて実際に姿を現し、それを見守るユダヤ人の姿。それを日本人にした理由は、韓国人と似たような外見でありながら異質である国の人の存在が必要でした。韓国に中国人はたくさんいて脱北者も意外に多いので、それで日本人にしました」と説明する。MCが、何かが起こった時によそ者のあいつのせいだと排除していく物語の進行が、社会の流れとリンクしていることについて尋ねると、國村は、「僕もそう感じました。この役柄は、その存在すら疑ってもいいような存在です。韓国映画における日本人という捉え方ではとても掴めないキャラクターで、もっと人間の存在の根源の部分を問いかけます。人の世の中で一番恐ろしい“噂”だったり、確かなものでないものへの不安。そこから沸き起こる疑心暗鬼が生み出す悲劇だと考えれば、納得のいくストーリーだといえます」と説明。