写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●明美さん「これでええの?」秘話
NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』で、"君ちゃん"こと村田君枝役を演じる女優・土村芳(26)。同じく子供服メーカー「キアリス」のメンバー役として出演している芳根京子(20)、百田夏菜子(22)、谷村美月(26)と比較すると芸歴は浅いが、それをカバーするだけの演技力と存在感で多くの朝ドラファンの心をつかんでいる。

2013年に事務所入りし、女優としてデビュー間もない彼女がなぜ抜てきされることになったのか。そこには不遇の時代でも自分と真摯に向き合う誠実さ、そして心に誓ったことを全うする静かな行動力が源となっていた。宣材写真に向けた鋭い眼差しのあの日から、輝く笑顔で人々を惹きつける女優へと成長するまでを追った。

――私の周りでは「君ちゃん」ファンがとても多いんですよね。

本当ですか!? ありがとうございます。

――演じられてしばらく経ちますが、どのような女性として受けとめていますか。

今は成長を遂げた姿を演じていますが、君ちゃんたちの青春時代はほとんど戦争に奪われてしまったようなものなので、「遅れてきた青春」というかそれを取り戻すような日々。今はすごく前向きに人生を謳歌している感じです。

――これだけ長い時間、同じ役柄と向き合うのは初めてだと思います。やっぱり毎日、君ちゃんのことを考えてるんですか。

考えちゃって……ますね(笑)。常に君ちゃんと一緒にいる感じです。

――ドラマの公式サイトでは、谷村美月さんのコメントに「ふだんでも君ちゃんはそのまんま!なので芝居の顔が、君ちゃんかご本人か分からなくなってきました」とありました。

どうなんでしょう(笑)。でも……大阪で現場の方々と一緒にいると自然とそうなるというか。周りの環境や出演者、スタッフの方々が、自分を君ちゃんにさせてくれているみたいな、そんな感覚です。

――セットの中で演技をするのも、初めてだったそうですね。

そうなんです。まず思ったのは、セットってすごいなぁと(笑)。スタジオの中にいくつもあるんです。少し移動すれば、全然違うシーンになって。スタジオの中にはいろんな世界があって、最初は不思議な感覚でした。衣装を着て、セットの中に入って、人がそろうと空気が変わる。セットは私にとっても、とても大切な意味を持っています。

――そのように実感できるようになったのは、現場入りしてからどのくらいですか?

最初はすごく緊張していたんですが、集中もしていました。もちろん今も集中しています(笑)。「ちゃんとやらなきゃ」「がんばんなきゃ」という気持ちがあって、どうしても視野が狭くなってしまっていたかもしれません。

――君ちゃんを語る上で、平岡祐太さん演じる夫・昭一さんは外せません。当時では珍しいとされる恋愛結婚ですが、君ちゃんの恋愛観についてはどう思いますか?

平岡さんと初めてお会いしてご一緒した日が、昭一さんが帰ってくるシーンだったんです。

――あの問題シーン(笑)。

問題なんですか!? (笑)

――君ちゃんはスケッチブックを落としたことすら気づかず、昭一さんの胸に飛び込んでいました。

そうでしたね(笑)。あれが最初にお会いした日。すごく緊張していたんですけど、どんな方なのか満足に話もできないままに。でも、君ちゃんというフィルターを通してお会いすると、なんか……なかなか言葉にならないんですけど、高ぶるものがすごくあったのは覚えています。

――谷村美月さん演じる明美さんの言葉は直球。心に残る言葉を投げかけてくれます。体調が悪化して入院し、働くことを諦めた君ちゃんに対して、明美さんは「これでええの?」と。君ちゃんの「えっ…?」という反応がすごくリアルで、不覚にも涙してしまいました。

恥ずかしいです(笑)。結果的にそうなることを予想していなくて。まさか自分があんな状態になるとは思っていなかったんです。君ちゃんの中ではきちんと心の整理はついていたはず。すみれちゃんと明美さんに思いを伝えて終わり……のはずでした。でも、いざカメラが回ると……最後のすみれちゃんの背中。足早に去っていくんですよ。泣きそうな顔を我慢しながら、スッといなくなる。そこからの明美さんの言葉だったので、自分の中ではタガが外れそうな感覚でした。もちろん、セリフとしての「えっ?」は決まっていたんですけど、気持ちの中では「やりたい」って言いたくてしょうがなかったんです。それが言えない……。

――昭一さんも働くことを反対していましたが、君ちゃんの体を思ってのことだった。

そうですよね。平岡さんとはこの作品で何度も共演させていただいて、すごく仲良くしてくださっています。周りの方は「すごく良い雰囲気だね」と(笑)。平岡さん、話題も豊富ですごく面白い方なんです。

明美さんから「これでええの?」と言われた病院のシーンが終わって、しばらく気持ちが引きませんでした。平岡さんはモニターでご覧になっていたみたいで、「もういいよ、君ちゃん」「もう俺分かったよ!」と声を掛けてくださって(笑)。「そんなにやりたいんだったらやっていい!」「やるな、なんて言えないよ……」と困ってる感じがとてもおかしかったです(笑)。

●オーディションに何度も落ちて
――学生の頃には新体操でインターハイに出場した経験があると聞きました。緊張やプレッシャーの耐性はそこで養われたのでは。

新体操は減点方式の競技なので、「失敗が許されない」環境だったという点では集中力が鍛えられたてたのかもしれないですね。小さい頃からやっていたので、私にとっては「生活の一部」みたいなものでした。あらためて考えてみましたが……おっしゃる通りなのかもしれないです。

――高校卒業後の進路を決める時、新体操は自分の将来が見えなかったと。小さい頃からやっていたことをやめるのは、相当勇気がいることだったと思います。

そこは大丈夫でした(笑)。ちょっと自分の姿が想像しにくかったんですよね。そもそも、本当にやりたいことなのかなぁとか。

――そこで思い浮かんだのが、小さい頃に所属していた劇団での「演じることの楽しさ」だった。

はい。何となく、楽しかったなぁと(笑)。

――そして、京都造形芸術大学に進学。将来の仕事を意識してのこと?

お芝居を自分の仕事にするつもりで進学しました。大学の進学は、卒業後の未来を考えて決めようと思っていました。どれだけ大変な道のりなのかは想像できませんでしたが。大学も舞台学科と映画学科があって、それぞれに俳優コースがありました。映画が好きだったので映画学科に進んで、その時は「映画に出たい」という思いでした。

そこからの4年間は、ひたすらお芝居を学んで、自分たちで映画を撮って、舞台を組んだりして。例えば、当時朝ドラを観るとすごく「出たい」と思うんですけど、それが具体的な目標にはならなくて、最初は「東京に行ってお芝居がしたい」みたいなざっくりした感じでした。

大学3年生ぐらいから、ちゃんと外に目を向けていかなきゃなと思うようになりました。東京でお仕事をするためには、まず事務所に入らなければいけない。そういう現実的なことを考えはじめました。目の前の近い目標のことで、いっぱいいっぱいだったのかもしれません。目の前のことを解決して、徐々に焦点が定まっていった感じでした。

――朝ドラオーディションは何度も受けて何度も落ちたそうですね。今回は書類選考突破のために「一行目」に力を入れたと聞きました。

今までとは違うエントリー用紙の向き合い方をしました。今まではわりと、どう書けば印象が良くなるのかとか一生懸命考えて。でも、書類選考は正解があるわけじゃない。それなのに「模範解答」を探していました。今回は自分と向き合って素直に感じたこと、思ったことを書くように心掛けました。

そう思うようになったのは、お芝居をしていない時間が続いてちょっと不安になったことも関係していると思います。オーディション用紙は自分で書くものですし、自分次第で良くも悪くもできるもの。今までじゃいけないと思って、向き合い方を変えました。

――そのかいあって無事に合格。ご家族にはどのような形で報告したんですか。

お父さんに電話しました。スピーカーでみんな聞いてくれていたみたいで。オーディションを受けたことは伝えていたので、「結果が出ましたー」みたいに。

――そんな落ち着いたトーンで!? 自分だったら「よっしゃー! やったー!」と喜びを爆発させると思います。

あまり浮かれませんでした(笑)。そこまで実感がわいてなかったのかもしれませんが、「やったー」よりは「よかった」「うれしい」みたいな気持ち。そして、すぐに「がんばらなきゃ」と。

――ご家族の反応は?

「よかったねー」みたいな感じでした(笑)。

――ほんわかした雰囲気のご家族ですね。最後にうかがいたいことがあります。君ちゃんの何がいいかって、笑顔がすばらしいなと。君ちゃんが笑うとホッとするんです。

えー! そうなんですか。

――笑っていないと「具合悪いのかな?」とか心配になります。大学の頃から演技経験を積まれて、「笑顔」について何か意識したことはありますか。すごく魅力的だと思います。

よく笑うのはもとからですけど……(笑)。監督からは少しぐらいは言われていたのかな……。

――だからこそ、宣材写真の無表情がギャップがあってとてもいいと思います。事務所に入ってすぐに撮ったものですか。

そうだと思います。

――この時はどんな気持ちでカメラの前に立っていたんですか。それを聞いて、この後の撮影に入っていただこうかなと。

えー(笑)!? でも……ひたすら緊張していたと思います。写真が苦手で、すごく緊張してしまうんです。だから小さく小さく。こうやって縮こまっていると落ち着くんですよね(笑)。笑ったりもしていたんですけど、この時はカメラマンの方からの指示をいただきました。うつむいてから、「少しずつ視線をあげてみてください」と言われて。その瞬間の表情です。

■プロフィール
土村芳(つちむら・かほ)
1990年12月11日生まれ。岩手県出身。B型。身長160センチ。子ども劇団に所属後、高校在学時に新体操でインターハイに出場。京都造形芸術大学の映画学科俳優コースに進学し、数々の舞台作品や自主制作映画に出演した。2013年3月に大学を卒業後、4月からヒラタオフィスに所属。これまで、『QULOCO』(09)、『ピカドン2』(10)、『カミハテ商店』(12)、『弥勒』(13)、『何者』(16)などの映画、『フラガールと犬のチョコ』(テレビ東京系・12年)、『ワカコ酒』(BSジャパン・15年)、『コウノドリ』(TBS系・15年)などのドラマに出演。4月6日スタートの読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『恋がヘタでも生きてます』(毎週木曜23:59〜)にも出演する。

(水崎泰臣)