池井戸潤『空飛ぶタイヤ』上下巻表紙(講談社文庫) ©2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

写真拡大

池井戸潤原作の映画『空飛ぶタイヤ』が、2018年に公開される。

【もっと大きな画像を見る】

大企業の不正に立ち向かう男の姿を描く同作。死亡事故を起こしてしまい、整備不良を疑われている運送会社の社長・赤松が、事故車両そのものに欠陥があったことに気付き、トラックの製造元である大企業「ホープ自動車」のリコール隠しを暴くために自力調査を始めるというあらすじだ。

主人公の赤松役を長瀬智也が演じ、監督を『鴨川ホルモー』『超高速!参勤交代』シリーズの本木克英が担当。長瀬は「社会へ勇敢に立ち向かう役をいただき、とても光栄に思います。そして、僕はいつも通り本気でやるだけです」と意気込みを語っており、本木監督は長瀬に対して「情熱や男気を発散するだけでなく、内に秘める表現もできる稀有な俳優です。彼の深みのある演技に大いに期待しています」と述べている。

原作は、ドラマ『半沢直樹』『下町ロケット』などの原作者として知られる池井戸潤の同名小説。2009年には仲村トオル主演で『連続ドラマW 空飛ぶタイヤ』としてドラマ化もされた作品だ。池井戸は「主演の長瀬智也さん始め、出演者の皆さんの演技がいまから楽しみです。頑張れ、赤松! そう心から応援できる映画になることを期待しています」とコメントしている。なお池井戸の小説作品が劇場映画化されるのは今回が初となる。

■長瀬智也のコメント
池井戸さんの小説が映画化されるのは初めてと聞きました。
役の年齢と近いこともあり、共感できる部分がたくさんありました。
社会へ勇敢に立ち向かう役をいただき、とても光栄に思います。
そして、僕はいつも通り本気でやるだけです。

■池井戸潤のコメント
『空飛ぶタイヤ』は私にとって初の映画化作品となりました。
人の命を軽視し、社会を欺き、自らは保身に走る――
巨大企業の腐りきった内情と、会社の常識は世間の非常識を地でゆくエリート社員たち。
そんな彼らに挑むのは、四面楚歌の運送会社のオヤジ、赤松徳郎です。
主演の長瀬智也さん始め、出演者の皆さんの演技がいまから楽しみです。
頑張れ、赤松!
そう心から応援できる映画になることを期待しています。

■本木克英監督のコメント
池井戸作品の最高傑作と言われる本作を映画化する機会を得られて、とても興奮しています。
一つの事故をめぐって描き出される、日本の企業社会の体質と病理。
いまだ改善されないのはなぜか。
ひとり果敢に闘う中小企業の赤松社長に寄り添って考えていきたいと思います。
主演の長瀬智也さんは、情熱や男気を発散するだけでなく、内に秘める表現もできる稀有な俳優です。
彼の深みのある演技に大いに期待しています。