キッズデザイン協議会 Webサイト
url. http://www.kidsdesign.jp

特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会(会長:積水ハウス株式会社 代表取締役兼CEO 和田勇氏)は、「第11回 キッズデザイン賞」の応募受付を開始した。子どもを産み育てる環境づくりに貢献する優れた製品 / 建築・空間 / サービスなどを表彰し、その普及を後押しする制度。経済産業省 / 消費者庁 / 内閣府の後援のもとで開催される。作品応募受付は2017年5月12日(金)まで。「第11回 キッズデザイン賞」への応募の際には、子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン部門 / 子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門 / 子どもたちを産み育てやすいデザイン部門から1部門を選択。また、応募作品のカテゴリーも、プロダクト / 建築・空間 / コミュニケーション / 調査・研究 / 復興支援の5つの中から1つを選ぶ。書類審査による第一次審査は無料で、6月下旬〜7月下旬に行われる第二次審査(現物審査)の審査料は1作品につき5万円(税抜)で、自治体や国公立の機関(学校 / 病院 / 博物館など)のみが応募者の場合は1万円(税抜)。ただし、カテゴリーが調査・研究もしくは復興支援の場合には、応募者を問わず審査料が無料だ。また、子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン部門に応募する都内中小企業には、「東京都審査料補助制度」による審査料補助も予定されている(4月正式決定)。受賞のメリットは、キッズデザインマークを付けることが認められて受賞をPRできることなど。内閣総理大臣賞などの受賞作品は、新聞記事広告での掲載も予定されている。受賞作品に付けることなどができるキッズデザインマークは、受賞時のプレスリリースでの使用は無料で、受賞後のマーク使用料は5万円〜(税抜)。マーク使用キャンペーンとして、中小企業からの応募による応募作品には無料でキッズデザインマークを使用でき、マーク申請した受賞作品は2年目以降も継続して無料でマークを使用できる。受賞作品発表は8月21日(月)で、最終審査を経た最優秀賞などの発表 / 表彰は9月25日(月)。■応募締切(第一次審査):
2017年5月12日(金)

■応募資格:
応募対象の主たる事業者(開発・製造元 / 施主 / 運営主体)
※関係先との連名の応募も可、企業のみならず個人 / 団体 / 自治体 / 学校 / 保育園 / 医療機関 / 研究機関などからの応募も可 / カテゴリーごとに応募要件は異なる

■賞:
最優秀賞(内閣総理大臣賞)
ほか

■問い合わせ先:
特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会
url. http://www.kidsdesignaward.jp