<WGC-メキシコ選手権 最終日◇5日◇クラブ・デ・ゴルフ・チャペルテペック(7,330ヤード・パー71)>
3日目に“66”を出し25位タイに浮上した松山英樹。最終日でもチャージが期待されたが、4バーディ・2ボギー・1ダブルボギーのイーブンパー“71”でホールアウト。スコアは伸ばせずトータル3アンダー25位タイで4日間の競技を終えた。
松山・池田・谷原が参戦!WGCをフォトギャラリーでプレイバック
「ショートゲームが昨日以外良くなかった」とこの試合を振り返った松山。今週は「ショットに関してはいいところもたくさん出てきたと思う」と感触がよかったが、プレーは噛み合わず上位に食い込むことはできなかった。
優勝したのは世界ランクNo.1のダスティン・ジョンソン(米国)。「上位に居る選手は常にトップ10とか優勝争いをしている。それには練習がまだまだ足りないということだと思う」と謙虚に話していた。
松山は次週は試合に出ず、2週間後の「アーノルド・パーマー招待」に出場予定。「少しゆっくりして良い形で挑めるように練習して、何か変えないと良くならないと思うので、変えられるといいなと思う」。照準を合わせるメジャー初戦「マスターズ」は5週間後、今回得た課題も糧に大舞台に向け調整を重ねていく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

メキシコ選手権のリーダーボード、日本勢は何位?
ダスティン・ジョンソンが逆転V!松山英樹は25位タイ
谷原秀人は連日の“67”で18位に「淡々とトップテン狙います」
パットで球が飛ぶ!! 上田桃子が試す新たな武器
アン・ソンジュが涙の7年ぶり開幕戦制覇 “ダブルパー”からの華麗なる復活劇