写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大日本印刷(以下、DNP)は3月3日、国内の電子マネーなどで普及しているFeliCa決済サービスと、VISAやMasterCard、JCBなどの国際ブランドが推奨する非接触決済ができるICカードを国内で初めて開発し、今春に販売を開始することを発表した。

同社によると近年、欧米を中心に海外で非接触IC決済が急速に広がっており、その中心は、国際ブランドのVISAやMasterCard、JCBなどが進めるISO/IEC14443 TypeA方式が主流。一方で、日本国内では早くから非接触ICカード決済が普及しており、その多くはFeliCa方式の非接触ICカードによる決済が利用されているという。

そのため、日本からの海外に渡航した際に買い物で非接触IC決済をすると、国際ブランドでの決済が求められ、国内のFeliCaに加えて国際ブランドにも対応したICカードへのニーズが高まっているというわけだ。

今回提供を開始するICカードは、ソニーが開発したICチップを搭載し、1つの通信用アンテナでFeliCa方式の非接触決済サービスと国際ブランドの非接触決済サービスを実現。日本からの海外渡航者も訪日外国人も、このカード1枚で、国内外の加盟店でFeliCaと国際ブランド両方の非接触IC決済が可能となる。

同社は今後、国内外の金融機関に販売し、今後3年間で20億円の売上を目指す。

(小松原綾)