北朝鮮の弾道ミサイル・ムスダンの発射場面

写真拡大

北朝鮮が6日午前7時36分頃、平安北道(ピョンアンブクト)東倉里(トンチャンリ)一帯から日本海に向けて飛翔体を発射したと韓国軍合同参謀本部が明らかにした。

韓国の聯合ニュースは、軍関係者が、「北朝鮮が発射した飛翔体の種類や飛行距離などを分析している」としながら、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の可能性があると報じた。