浦和レッズが”試練の開幕5連戦”を戦い終えた。

 2月18日のFUJI XEROX SUPER CUP(ゼロックス杯)で幕を開けた、浦和の2017年シーズン。浦和は以降、3月4日のJ1第2節セレッソ大阪戦まで、開幕早々の15日間で実に5試合(ゼロックス杯、AFCチャンピオンズリーグ2試合、J1リーグ2試合)を戦ってきた。

 結果は3勝2敗。途中、シドニーへの長距離移動が挟まっていることなども考慮すれば、大満足とは言えないまでも、まずまずというところだろう。試合内容を見ても評価すべき点は多く、特にACLでの2連勝は価値が高い。

 5連戦の最後となったセレッソ戦でも、ペトロヴィッチ監督は「J2から上がってきたチームは高いモチベーションで臨んでくる。難しいゲームになると予想していた」と語っていたが、実際は3-1と快勝した。

「60分すぎから徐々に疲れの色が見え、狙いとする戦いができなかった」という指揮官の言葉どおり、試合終盤はセレッソの捨て身のプレスに手を焼く場面が目立ちはしたが、それまでの時間、特に前半は完全にセレッソをゴール前に押し込み、ボールを失ってもすぐに敵陣で奪い返すことができていた。

 攻撃も守備も敵陣で――。そんなサッカーを実現し、セレッソに文字どおり手も足も出させなかった。

 この試合、攻守にセレッソを圧倒した浦和で、とりわけ際立っていたのはDFラインからのビルドアップである。

「得点能力の高い外国人選手がいても、個人の力では崩せなくなっているのが現在のJリーグ。我々の攻撃は、いかに後ろから質の高いボールを入れられるか。後ろの選手の攻撃の組み立てや(後ろからの)ボールの運びが重要になる」

 ペトロヴィッチ監督がそう話すように、FW興梠慎三、FW李忠成、FWラファエル・シルバ、MF武藤雄樹など、前線の動きのよさが目立つ浦和だが、むしろ攻撃のカギはDFラインにある。前線のコンビネーションがいいからこそ、「(チャンスを作れるかどうかは)あとは僕がどこへボールを出すか次第」とDF遠藤航も認める。


最終ラインから攻撃を組み立てる遠藤航 3-4-2-1のフォーメーションで戦う浦和は従来、2ボランチのうちの1枚(主にMF阿部勇樹)がDFラインに落ち、4バックの形になってパスをつなぎ、ビルドアップするのが十八番だった。これは、同じくペトロヴィッチ監督が指揮したサンフレッチェ広島にも共通する、定番の攻撃の進め方である。

 だが、最近の浦和がオプションとして多用するようになっているのが、3バックでのビルドアップだ。

 3バックと言っても、最初のフォーメーションそのままで攻撃を進めるわけではない。2ボランチがふたりともDFラインに落ちたうえで、左右のDF、槙野智章、森脇良太を両サイドの高い位置に押し出す。つまり、槙野、森脇の攻撃力を生かすという狙いこそ、4バックでのビルドアップのときと変わらないものの、DFラインでのボール回しをやりやすくするため、中央の枚数を増やすのである。ボランチのMF青木拓矢によれば、「攻撃のときに、立ち位置(ビルドアップするときのポジション取り)を(4バックでのビルドアップとは)変えられるメリットがある」という。

 このビルドアップのやり方は、一昨季終盤あたりから用いられてはいた。だが、従来の4バックでのビルドアップに比べると、スムーズさに欠ける印象を受けることのほうが多かった。というのも、2ボランチがふたりともDFラインに落ちるため、「2トップ(のチーム)が相手のときは3枚(3バック)で回すことにしているが、(DFラインの)前が空いてしまうので難しい」と遠藤。DFラインから縦にボールを入れようにも、そこにパスを受けてくれるボランチはおらず、また一方で、ボールを失ったときには、そこに広大なスペースを相手に与えてしまうリスクもあった。

 だが、遠藤曰く、「ミシャ(ペトロヴィッチ監督)は新しいことにチャレンジしたい監督」。この新オプションを諦めることなく追求し続けた結果、最近ではボールの動かし方もスムーズになり、4バックでのビルドアップ以上に有効なオプションとなりつつある。青木が語る。

「攻から守、守から攻への切り替えがスムーズにできるようになったことが大きい。(以前はスペースを空ける危険性があったが)今はバランスを崩さずにやれるようになっている」

 この日のセレッソ戦を振り返っても、先制点はまさにこの形でのビルドアップから生まれている。

 DFラインに落ちた阿部から横パスを受けた遠藤が、自ら前にボールを持ち出し、バイタルエリアでアクションを起こした興梠へ縦パスを送る。これを興梠がスルーし、後ろで待っていた武藤が受けると、左へ走った興梠の動きに敵DFが引っ張られるのを利用し、武藤はボールを右に持ち出してシュートを決めた。遠藤が語る。

「ただパスを動かすだけでなく、(DFの)自分のところから(前にボールを)運んでいくことが大事。(3バックでのビルドアップでは)前が空くので、自分が持ち出すほうがいい。タイミングを見ながらビルドアップできたと思う」

 どんなに後ろから攻撃を組み立てようと思っても、それがワンパターンになってしまえば、相手にとっては対策を立てやすく、プレッシングの餌食になってしまう。しかし、だからと言って、プレッシングを避けるためにロングボールを蹴るだけの攻撃になってしまえば、浦和らしさは失われる。

 やはり、相手が前線からのプレスでビルドアップを封じに来ても、それをかわすことができるだけのオプションを備えてこそ、本当の意味での高い攻撃力が脅威となるのだ。

 浦和のサッカーは間違いなく成熟度を増し、また一段高いレベルへと成長を遂げている。

■Jリーグ 記事一覧>>