中国の商務省は先月19日、国連安全保障理事会の制裁決議に基づく措置として、北朝鮮産の石炭の輸入を停止する措置を取った。それに伴い、北朝鮮の船舶が中国の港に入港できずにいると米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)が報じている。

中国山東省の龍口港は、石炭を専門に扱う港で、北朝鮮の船舶が頻繁に出入りしていたことで知られる。ところが、船舶の位置情報をリアルタイムで表示するウェブサイト、マリン・トラフィックで、この港の動きを検索した結果、他国の船が入港、荷降ろし、出港を繰り返しているのに、元山2号とフンテ1号など6隻の北朝鮮の船舶は1週間近く、港から10キロ離れた地点に留まり続けている。

また、デイリーNKジャパンで調べたところ、日本時間の2日午前11時現在、ジソン8号、クムソン8号、トンミョン9号、ソンファ2号など少なくとも4隻の船舶が、大連港の沖合で停泊している。いずれも27日から1日にかけて大連港に入港予定だった。

それ以外にも、位置情報が確認できる北朝鮮の船舶の46隻のうち、27隻が港に入港できず、沖合で停泊している。また、航行中になっている船舶でも、実際は沖合で旋回を続けているものもある。

これらは、商務省の北朝鮮産石炭の輸入停止措置により、港湾当局が北朝鮮の船舶に許可を出さないため、入港できずにいるものと思われる。

中国は国連安保理で採択された対北朝鮮制裁を、今のところきちんと守っている現れと思われるが、しかし、公式の情報には現れない密輸が行われていると伝えられており、詳しい実態はまだわかっていない。

また、北朝鮮の船舶が、国際協定で航行中には常にスイッチを入れておくことが求められているAIS(船舶自動識別装置)をオフにしていることも考えられる。