「ヤバい!触りたい」男性の心をくすぐる、女性の魅力あふれる瞬間

写真拡大



こんにちは、コラムニストの愛子です!

女性として男性に色気を感じてもらえるのはやっぱり嬉しいですよね。男性は一体どんなときに、女性に色気を感じるのでしょうか。

そこで今回は、「ヤバい!触りたい」と思うほど、女性に魅力を感じるのはどんなときなのか、男性の意見を聞いてきました。

■1.いい香りがしたとき

「近くにいていい香りがすると、抱きしめたくなる。香りってすごく重要。貸してあげたマフラーや上着に、女性っぽい香りが残っていると、ひとりになってからもその女性のことをつい考えちゃう」(26歳/音楽関係)

香りで男性を好きになるという女性も多いのではないでしょうか。それは男性も同じ。女性は、男性の体臭が好きという人も多いですが、男性はシャンプーやボディークリームのいい香りに惹かれることが多いそうです。

個性的な香りや、きつすぎる香りは嫌がられる可能性もあるので、石けんや、柑橘系、フローラル系、ベリー系など定番の香りがおすすめです。カレの物に匂いをつけるのもアリ!女性を乗せたあとの車内に、ほのかに残る香水の香りが好きという男性もいましたからね。

■2.肌がチラっと見えたとき

「裸を見慣れているはずのカノジョでも、谷間が見えそうだったり、太ももがチラッと見えたりすると、ドキッとする」(28歳/貿易)

チラ見せは、出会ったばかりの男性にだけではなく、すでに何年も付き合っているカレシにも効果があるのだとか。最近マンネリ気味だな〜と思ったら、胸元の開いた服やスリット入りの服を着てデートするといいかもしれません。ただしあからさまな露出は好きじゃないという男性も多いので、あくまでもさりげなさを大切に。ベストなチラ見せができれば、あなたを見つめるカレの眼差しに「オス」を感じるはずです(笑)。

■3.肌や髪をキレイだと感じたとき

「肌や髪がすごくキレイだな〜と感じると、触れてみたくなる。肌や髪がキレイな女性は、見れば見るほど魅力的に感じる」(29歳/金融)

キレイな肌や髪を見ると、同性ですら触れたくなるときがありますよね。逆に、いくら美人でも、肌が荒れていたり髪が傷んでいたりすると、色気が半減するそうです。好きな男性やカレシをドキッとさせるには、その場のテクニックだけではなく、日頃のお手入れが重要のようです。

■4.食べる姿が色っぽかったとき

「女性が物を食べる姿に色気を感じる男性って多いと思うよ。口元が女性らしいと色々想像してしまう」(27歳/広告)

口元に色気を感じるという男性はとても多いようです。物を食べているときはよりセクシーさが増すよう。ただしカサカサに乾燥していたり、皮がむけていたり、荒れた唇では台無しです。潤った唇に食べ物を運ぶからこそ、魅力的なはず。特に乾燥しやすい冬は、リップケアはマスト。

また、食べ方が下品だとがっかりされてしまいます。最低限の食事マナーは守りましょう。しかし、唇についてしまった食べ物を舌や指でとる仕草はセクシー好きという男性が多かったのでアリです!

■おわりに

王道の女性らしさはやっぱり男性の心を揺さぶるようです。特別なことをしなくても、今回ご紹介したポイントを押さえておくだけで、ぐっと女性らしい魅力が増すのではないでしょうか。デートのときはぜひ意識してみてくださいね!(愛子/ライター)

(ハウコレ編集部)