Japan Content Catalog

特定非営利活動法人 映像産業振興機構(VIPO)は、日本コンテンツの著作権の権利関連情報を集約したデータベースプロジェクト「Japan Content Catalog(JACC)」を発表した。同プロジェクトでは、映画、テレビ番組、アニメ、キャラクター、音楽、ゲームなどの各コンテンツのジャンルで構築したデータベースを一括検索するシステム「JACCサーチ」を提供し、同システムで各データベースをつなげることにより、コンテンツの基本情報や権利者窓口情報などの著作権関連情報を横断的に検索できる。

一括検索システムおよびデータベースは日英対応で、日本コンテンツの著作権の利用を円滑にして、著作物を活用した国内外バイヤーとのマッチングを促進する。

「JACCサーチ」の対象となるデータベースは、映画データベース「日本映画データベース(JFDB)」、テレビ番組データベース「FOYER TV for JACC」、アニメ・キャラクターデータベース「Anime Chara DB」、音楽データベース「Sync Music Japan」、ゲームのデータベース「FOYER GAME for JACC」の5つで、2017年3月末時点の収載コンテンツ総数は1万件以上(日本語・英語)となっており、今後も継続的に追加される。JACCサーチ
URL:http://japancontentcatalog.jp/
2017/03/06