“マネーの虎”川原ひろし社長が、自身のラーメン店をすべてつぶしてしまったしくじりを激白/(C)テレビ朝日

写真拡大

3月13日(月)夜7時から放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」(テレビ朝日系)に、「株式会社なんでんかんでんフーズ」代表取締役社長・川原ひろし氏が登壇。“カリスマ社長と呼ばれていたのに、全店舗潰しちゃったしくじり社長”として授業を行う。

【写真を見る】川原氏がテレビ初告白する、“絶対にラーメン店でやってはいけないしくじり”とは?/(C)テレビ朝日

川原氏は、'87年に当時都内では珍しかったとんこつラーメン店「なんでんかんでん」を東京・世田谷にオープン。店は連日3時間待ちは当たり前で、最高年商5億円にも上る人気店となった。

さらに、'01年に「¥マネーの虎」('01〜'04年、日本テレビ)に“虎”=投資家として出演するようになると、川原氏の知名度も急上昇。店もさらに繁盛し、“ラーメン文化”を築き上げた川原氏は“カリスマ社長”として知られるようになった。

ところが、現在ラーメン店「なんでんかんでん」は、全店舗閉鎖に。番組で川原氏は、自身の浮き沈み人生をたどりながら、しくじりの全貌を激白。加えて、ラーメン店として絶対にやってはいけないしくじりに手を染めていたことまで初公表し、ざんげを行う。

ほか、番組ではDeNAランニングクラブ総監督の瀬古利彦と、ソニンも出演。瀬古は“実力があるのに本番でしくじらないための授業”を、ソニンは“指示待ち人間になって人生の決断力を失わないための授業”を展開する。