写真提供:マイナビニュース

写真拡大

お笑いコンビのオードリーがMCを務めるフジテレビ系バラエティ番組『人生のパイセンTV』(毎週日曜24:30〜25:00)が、今月19日で終了することが、5日深夜の同番組で発表。そして、次週12日の放送で、出演を見合わせていたベッキーが約1年ぶりに登場することが明らかになった。

この日の番組では、同番組演出のフジテレビ・萩原啓太(マイアミ・ケータ)氏が、伊津野亮、服部潤、立木文彦のベテラン番組ナレーター3人を東京・麻布十番の店に呼び出し、「『パイセンTV』、3月をもって終わることになりました」と報告。

スタジオに戻り、マイアミ氏が「クヨクヨしててもしょうがないじゃないですか(笑)」とフォローするも、ゲストの菊地亜美は「この番組、いろんな番組の中でもラフに話せる番組だったのに」と惜しみ、若林も「もったいないよねぇ」と同調していた。

尊敬すべきちょっと"おバカ"な先輩たちを「パイセン」と呼び、彼らに密着して人生を楽しむコツを学んでいく同番組は、2015年に2回にわたる単発放送をへて、同年10月からレギュラー化。当初のMCは、オードリーの若林正恭とベッキーが務めていたが、ベッキーは"ゲス不倫"騒動から出演を見合わせ、若林は「一期生、俺しか残ってない」と嘆いていた。

しかし、この日の放送では、次週12日深夜の放送で、ベッキーがスタジオに登場することを予告。ベッキーが同番組に出演するのは、昨年1月31日以来、約1年ぶりとなる。

なお、続く時間帯に放送されているバナナマンとバカリズムによるバラエティ番組『そんなバカなマン』(毎週日曜25:00〜25:30)も今月で終了することが決定。この時間帯では4月16日から、歌手の森高千里と、アンジャッシュの渡部建がMCを務める音楽番組『Love music』(毎週日曜24:30〜25:25)が、金曜夜から枠移動・拡大して放送される。