3日、中国のインターネット上で韓国系自動車の破壊を扇動した36歳と32歳の男2人にこのほど、5日間の行政拘留処分が下された。写真は江蘇省啓東市公安局。

写真拡大

2017年3月3日、中国のインターネット上で韓国系自動車の破壊を扇動した36歳と32歳の男2人にこのほど、5日間の行政拘留処分が下された。中国青年網が伝えた。

江蘇省啓東市の警察当局が3日、マイクロブログ「微博(ウェイボー)」の公式アカウントで明らかにした。

2人は2日、ネット掲示板にそれぞれ、韓国系自動車の破壊を扇動するような文言を投稿したという。

記事によると、ネット上には今回の警察の処分について「何かの機会に破壊を扇動したり、デマを飛ばすような人は罰せられて当然」と対応を支持する声や、「愛国は理性が必要だ」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/柳川)